OCNモバイルONE口座振替手数料!申し込み・変更方法

OCNモバイルONE口座振替支払いできる?

OCNモバイルONEの利用料金のお支払は原則、クレジットカードによるお支払いのみとなります。表向きは口座振替に対応をしておりません。

しかし、カスタマーに電話をすることで口座振替に申し込みすることは可能です。

クレジットカードをお持ちでないお客様は、カスタマーズフロント「0120-506506」(10:00~19:00、日曜・祝日・年末年始は除く)へご相談下さい。

OCNモバイルONE口座振替での契約手順

  • カスタマーズフロント「0120-506506」に電話する
  • (10:00~19:00、日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月3日まで)は除く)

  • OCNモバイルONEを口座振替にて申し込みしたい旨伝える
  • 郵送されてくる口座振替の申し込み用紙を記入して返送する
  • 返送した書類が到着してから数日後にOCNから電話くる
  • 希望のプランやSIMカードサイズを伝えるとSIMカードが発送される。

口座振替の場合、電話をしてから「申し込み用紙」が届き、それを返送してから、電話がきて契約が始まり、そこから審査をして配送となりますので、クレジットカードよりも到着が大幅に遅くなります。

ご利用可能な信用金庫一覧・利用可能時間はこちら(外部サイト)

OCNモバイルONE口座振替での乗り換えMNP予約番号の発行タイミング

他社からOCNモバイルONEに乗り換える場合は、MNP予約番号の発行は口座振替の申し込み用紙を返送した後が良いです。

OCNモバイルONE(音声対応SIM)にMNPで転入する場合、MNP予約番号の有効期限の残り日数はお申し込み日を含め、12日以上必要です。

つまり、MNP予約番号を発行してから3日以上が経過した場合、そのMNP予約番号を使って申し込みしても審査に通りません。

そのため、書類を返送してから、OCNモバイルから電話が届くタイミングに合わせてMNP予約番号を取得する必要があります。

書類を返送した翌日にMNP予約番号を取得するのが最善と言えるでしょう。

OCNモバイルONE口座振替の引き落とし日

OCNモバイルONEの口座振替での引き落とし日は、契約者により振替日が異なります。

SIMカードを契約の場合には、毎月5日・10日・15日・20日・25日及び末日のいずれかが振替日です。

金融機関が非営業日の場合は翌営業日の振替となります。引き落とし時間は金融機関ごとに異なります。

郵便はがきで初回の振替日のお知らせが届き、メールでも振替日が記入された内容が届きます。

OCNモバイルONE口座振替に対応していない理由

OCNモバイルONE公式は、口座振替に対応していると大々的にアピールしないで、クレジットカード支払いできない方はカスタマーへ相談という形で消極的なのには理由があります。

口座振替の場合、口座に預金がなければ滞納になって逃げられてしまいます。NTTコミュニケーションズ株式会社は料金を回収できなくなると赤字になります。

クレジットカードであれば、信販会社が支払いを代行する決済システムになっているため、確実に利用料金を回収できるので、NTTコミュニケーションズ株式会社としてはクレジットカード支払いで契約して頂いた方が都合が良いのです。

OCNモバイルONE口座振替支払い新規契約

OCNモバイルONEを新規契約で口座振替支払いする場合、まず電話をかけます。web上で口座振替支払いによる申し込みはできません。

カスタマーズフロントの連絡先は以下の通りです。

電話番号 0120-506-506
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜日・祝日・年末年始

まずカスタマーに電話をかけて「口座振替支払いでOCNモバイルONEを契約したい」旨を伝えます。申し込み後に郵送されてくる口座振替の申し込み用紙を記入して返送します。

返送した書類が到着してから数日後にOCNから電話がかかってきます。この際に希望のプランやSIMカードサイズなどを伝え、SIMカードを発送という流れになります。

OCNモバイルONE口座振替の注意点

OCNモバイルONE口座振替の注意点は、電話をかけて書面を返送してやり取りしてSIMカード発送の流れになりますので、クレジットカード支払いによるオンライン契約よりも利用開始までに日数がかかります。

また、日曜・祝日はカスタマーズフロントがお休みのため、平日か土曜日に申し込みすることになります。

他社からMNPで乗り換える場合にはMNP予約番号の有効期限にも配慮が必要です。

MNP予約番号を伝えるのは電話で申し込みするタイミングではありません。口座振替の用紙を返送したあと、OCNから電話がかかってきたタイミングにてMNP予約番号を伝えることになるため、書類の返送を済ませてからMNP予約番号を発行する流れになります。

OCNモバイルONEを電話申し込みする前にMNP予約番号を発行しない様に注意しましょう。

OCNモバイルONE口座振替はSIMのみ・端末セット契約できる?

OCNモバイルONE口座振替で申し込む場合、「SIMのみ契約」は可能です。

「端末セット契約」は一括払いなら可能です。

分割払いで端末をセット購入することはできません。口座振替は残高空っぽにされてしまうと端末代金を回収できなくなる恐れがありますので、端末セットは一括払い限定となります。

そもそもOCNモバイルONEは、口座振替に消極的なので、端末の分割払いとなると以ての外(もってのほか)と考えて良いです。

OCNモバイルONE口座振替へ変更方法

OCNモバイルONEでは、クレジットカードから口座振替への変更が可能でしたが、現在ではOCNマイページから変更ができなくなっております。

2021年から支払い変更が「クレジット」から「口座振替」にネットからは手続きできなくなりました。

クレジットカードを変更することはできても、クレジットカードから口座振替に変更することはできません。

クレジットカードをお持ちでないお客さまは、カスタマーズフロント「0120-506506」(10:00~19:00、日曜・祝日・年末年始は除く)へご相談下さい。

つまり、OCNモバイルONEを既に契約している方が口座振替に変更したい場合は、電話で相談ということになります。

OCNモバイルONE既存契約者が口座振替に変更する手順

  • カスタマーズフロント「0120-506506」に電話する
  • (10:00~19:00、日曜・祝日・年末年始は除く)

  • OCNモバイルONE契約者であることと口座振替にて申し込みしたい旨伝える
  • 郵送されてくる口座振替の申し込み用紙を記入して返送する
  • 返送した書類が到着してから数日後にOCNから電話くる
  • 希望のプランやSIMカードサイズを伝えるとSIMカードが発送される。

現在、OCNモバイルONEではOCNマイページから口座振替への変更ができなくなっておりますので、口座振替への変更は消極的です。

なるべくならクレジットカードのまま利用をしていただきたい意向です。クレジットカードは持っているけど、口座振替に変更したいといった要望は通らない可能性が高いです。

あくまでも、クレジットカードをもっていたけど解約してなくなった方が、やむを得ず口座振替に変更するための「相談窓口」であると考えて良いです。

OCNモバイルONEでの契約年数が長ければ信用がありますので、口座振替への変更もスムーズにできます。

OCNモバイルONE口座振替で残高不足の場合どうなる?

OCNモバイルONE口座振替で残高不足などにより振替できなかった場合は、延滞利息が発生します。

OCNモバイルONEでは、ご利用料金について、支払期日を経過してもお支払いいただけない場合、支払期日の翌日から支払いの日の前日までの日数について、年14.5%の割合で計算した額を延滞利息としてお支払いいただきます。

支払期日の翌日から起算して10日以内に支払いがあった場合は除きます。

延滞利息とは、OCNモバイルONEの利用料金に対する利息加算です。

例えば、で滞納している料金が7,000円の時は、年利14.5%を掛け算すると1,015円になります。

これは365日分の延滞金ですから、1日分は2.78円になります。ですから30日分の延滞金は約84円になります。

滞納している利用料が10000円で、2ヶ月延滞すると延滞利息した場合の計算方式は以下のようになります。

10,000円×14.5%÷365日×60日=238円(1円未満切り捨て)

OCNモバイルONE口座振替の特徴

口座振替日

振替日はNTTコミュニケーションズ株式会社が指定した日となります。金融機関が非営業日の場合は、翌営業日の振替となります。

口座振替の手続き状況確認サービス

口座残高が足りない場合

振替日当日に入金された場合は、振替できない場合がございますので、前日までのご入金をお願いします。当月振替ができない場合は、翌月の請求へ繰り越しとなり、2カ月分の振替をします

残高不足などにより振替できなかった場合は、延滞利息をいただくことがあります。

口座振替書依頼書の提出から手続きに時間がかかる

お手続きには口座振替依頼書のご提出から1~2カ月程度かかる場合があります。NTTファイナンスから請求のお客さまで振替日に振替できなかった場合は再振替を行う場合があります。