OCNモバイルONEエラーコード402喪明けは?ブラックリスト出る理由と回避方法

OCNモバイルONEエラーコード402とは?

OCNモバイルONE申し込み時に、エラーコード402が出た場合、それはブラックリスト入りを意味します。

このエラーコード402が出るとOCNモバイルONEを契約できません。

エラーコード402の内容です。

申し訳ございません。お手続きを正常に完了することができませんでした。
お手数おかけいたしますが、NTTコミュニケーションズ カスタマーズフロントへお問い合わせ下さい。

【お問い合わせ先】
カスタマーズフロント
電話番号:0120-506506
受付時間:10時~19時(日祝・年末年始除く)

お問い合わせの際は以下のエラーコードをカスタマーにお問い合わせ下さい。
エラーコード402

エラーコード概要内容
契約月数が極めて重要継続的な利用が非常に重要です。利用月数が長いほど信用度が上がります。
不正顧客の排除に舵を切った端末転売目当ての契約者が一定数います。それに対する対策を取っています。
システムで弾いているコンピューターで不正契約を申し込みエラーで弾くようにしています。
402エラーは永久エラー表示で永久に契約できないこともあります。
ブラックリスト入り基準は非公表ブラックリストは確かに存在しますが、その基準は機密です。

契約月数が極めて重要

OCNモバイルONEセールでは最低1円から端末を販売しています。

OCNモバイルONEでは1円で販売している端末とは言え、価格.comで同じ端末を購入すると15000円~25000円(税込)するものです。

例えば、「moto g50 5G」は1円で販売しています。

blank

moto g50 5G SIMフリー端末を価格.comの最安値では24,922円(税込)します。

blank

端末を安く販売しても、新コースの音声対応SIMの料金を〇〇月数以上契約で利益を出せる仕組みとなっていますので、NTTコミュニケーションズ株式会社としては、長期継続利用が望ましいです。

そうなると、安い端末セットを契約して、短期解約するユーザーは不都合な顧客となるので、再契約させたくないと言えます。

新コースの音声対応SIMの料金を何ヵ月利用継続すれば利益が出るかは非公表であるので、基準は明確に決めつけられませんが、少なくても半年や1年程度の短期解約では望んだ顧客とは言えないのは明らかです。

不正顧客の排除に舵を切った

現在のOCNモバイルONEの端末セットで契約できる新コースは、「最低利用期間なし」「違約金なし」と何の縛りもありません。

しかし、それを利用して短期的に解約を繰り返し、端末を持ち逃げされるお客さまが増えてくると、商売が成り立たなくなってしまいます。

実際、そういった方は一定数いる実情がありますので、過度にやるお客さまをお断りする方向で舵を切りました。

1回目端末セットの短期解約は誰でも可能ですが、それをやった場合は、次の契約はお断りとなります。

2度とOCNモバイルONEを契約しない覚悟が必要となります。

システムで弾いている

OCNモバイルONEブラックリスト入りした方からの契約にはシステムで弾くように設定しています。つまり、申し込みが受付すらしないので審査すらしません。

システム上の判定で、なんらかの条件に引っかかると、申し込みを受付しておりません。

402エラーは永久

402エラーは永久的に解除されない人もいます。過去の契約実績で悪質性が高いと判断されると、2度と契約できなくなります。

ブラックリストの登録期間は永遠ではなく登録期間は概ね5~10年程度といわれていますが、OCNモバイルONEの場合は端末を1円からと極端に安く販売していることもあり短期解約は困るので永久に402エラーとなるのは道理的です。

ブラックリスト入り基準は非公表

OCNモバイルONEでは、ブラックリストに入る基準は非公表です。公開してしまうと、転売目的者がすり抜けて契約しようとするので阻止する狙いがあります。

ブラックリスト入りするかは、取引実績その他総合的な与信判断の観点から決めています。

与信とは、クレジットカード利用を含めた商取引において、契約相手を信用し、商品代金回収前に「端末を渡す・与える」ことを指します。

OCNモバイルONEエラーコード402は問い合わせしても解決できない

OCNモバイルONE402エラーが出るとカスタマーに問い合わせするようにと表示されますが、問い合わせすると、「氏名」「電話番号」「住所」「クレジットカード情報」を聞かれます。

過去の契約した際に登録した情報と照らし合わせて一致した場合は、ブラックリストに入ったお客様と断定して契約をお断りされます。

オペレーターは、過去の解約状況を確認することができます。過去にいつ何回解約したか?どれくらいの期間継続利用したかを把握されています。

過去のすべての回線で、解約違約金が発生していない状態であっても、過去の契約実績などから判断して、契約は出来ない状態と判断されるとお断りされます。

オペレーターは上層部からそのような指令を受けているので、毅然とした態度で丁寧にお断りされます。

言い訳や苦言を言っても態度が変わることはありません。

チャットにて問い合わせは不可

OCNモバイルONEにはチャットサポートがありますが、「申し込みエラー表示」については回答できません。

その他にも各種調査が必要となるため、以下のお問い合わせには回答できかねます。

  • お手続き時のエラー内容の確認
  • OCN モバイル ONE お申し込み後の進捗確認(端末、SIMの発送状況 など)
  • 端末の在庫状況や入荷予定

オペレータによるチャット受付時間
10:00~18:00(日曜・祝日・年末年始12/29~1/3を除く)

※10時~18時以外の時間帯はAIチャットになりますので、オペレータによるチャットはできません。

OCNモバイルONEエラーコード402喪明け解除はいつ?

基本的に、1度失った信用は2度と取り戻すことはできません。過去の解約状況は何年経過しても履歴として残りますので、何年経過したからブラックリスト解除というわけにはいきません。

同じ名前と住所である限りは、再契約はできません。

しかし、喪明け(ブラックリスト解除)により申し込みができた事例はあります。

「短期解約の回数」「契約期間」「契約内容」など総合的に判断して悪質性が高いほどに喪明け期間が長い或いは解除がされなくなることはあります。

1~2年で喪明けする場合は、まだ軽い罪つまり、1~2年で解約して再契約しようとした場合など悪質性がそれほど高いとは言えない場合です。

喪明けの期間は人により異なりますので、誰かが1~2年で喪明けしたからといって皆がそうなるわけではありません。

500MBプランなら維持費が安い

OCNモバイルONEを解約したいがブラックリストが怖い場合、最安プランの500MBプランに変更しておくことで安い維持が可能です。

OCNモバイルONEをサブ機として使っているならデータ容量も必要ないので500MBプランで十分です。

月額500円(税込550円)と安いので、1年間利用しても年間6000円(税込6600円)の維持費で済みます。

端末セールは500MBプランの契約ができませんが、「1GB」「3GB」「6GB」「10GB」コース契約後に500MBプランへコース変更はいつでも可能です。

コース500MB/月1GB/月3GB/月6GB/月10GB/月
基本通信容量0.5GB
60歳以上の方は12カ月実質1GB
1GB3GB6GB10GB
月額基本料500円
(税込550円)
700円
(税込770円)
900円
(税込990円)
1200円
(税込1320円)
1600円
(税込1760円)
国内通話10分(税込11円)/30秒
無料通話最大10分相当なし
かけ放題完全かけ放題:1300円(税込1430円)、10分/トップ3:850円(税込935円)
違約金最低利用期間なし/違約金なし
OCN光モバイル割適用外毎月200円(税込220円)割引

OCNモバイルONEの500MBプランこちら

OCNモバイルONEエラーコード402は乞食・端末転売対策

OCNモバイルONEでは、長期継続者向けにスマホセールを毎月開催しており、15000円~2万円程度の端末を3機種くらい1円で販売しています。

この端末目当てに契約をして短期解約するユーザーがいます。

初期手数料3,000円(税込3,300円)SIMカード手配料394円(税込433.4円)を支払っても短期解約すれば、料金は1カ月分しか支払わず済むので、1円で購入した端末を転売して利益を出せてしまうのです。

OCNモバイルONEでは、大幅割引されたスマホ目当てのユーザーからの契約を対策する一環として「エラーコード402」を作りました。

「短期契約」「契約と解約の繰り返し」など、端末を何度も安く購入しようとすることを防止するために、そもそも契約できなくしているのです。

端的に言えば端末持ち逃げ対策

そもそもブラックリストは、端末を安く持ち逃げすることを防止するための制度であるとONTTコミュニケーションズ株式会社が示唆しています。

端末を安く購入しておいて、いくらも利用しないで解約し端末を持ち逃げする行為を繰り替えされない為に、システムで弾く制度を設けたものこそがエラー表示です。

端末持ち逃げと判断されない為には、ある程度の月数を利用し料金支払いをしてくことに他なりません。

OCNモバイルONEエラーコード402は違約金値下げも大きく影響

OCNモバイルONEでは、2019年9月までは違約金が8000円でした。

電気通信事業法といった法改正に従い現在では「新コース以外」が違約金1000円と大幅に安くなっております。

「新コース」の違約金は無料です。端末セット契約できるのは「新コース」のみです。「新コース以外」は端末セット契約ができません。

違約金が無料になったことで短期解約ハードルが低くなりました。なかにはブラックリストの存在を知らないで短期解約してしまう方がいます。

しかしながら、1円端末を購入され、いくらもOCNモバイルONEの料金を支払わず無料で短期解約されてしまうとNTTコミュニケーションズ株式会社は赤字です。

今までは6カ月以内の解約は違約金8000円徴収できていましたが現在では違約金が発生しないので、今まで以上に短期解約するユーザーへの再契約対策は厳しくせざるを得ません。

短期解約を繰り返されると、結果として端末割引をどんどん減らしていかざるをえなくなってしまいます。

端末割引はOCNモバイルONEの看板であり、それが一番のウリの部分です。現在、格安SIMで1円端末を実施するところは少なくなっていますので、OCNモバイルONEの大きな強みです。

1円スマホセール開催を継続するためには、短期解約を繰り返すお客さまをお断りするようにしているのです。

コース最低利用期間と解約違約金について
新コース最低利用期間 なし
解約違約金 なし
新コース以外最低利用期間 本人確認書類の確認が完了した日を含む月を1カ月目として6カ月目まで
解約違約金 1,000円

料金プランの値下げも影響

OCNモバイルONEの新コースは、料金の見直しを行い大幅に安くなりました。

新コース音声対応SIMデータ専用SIMSMS対応SIM
500MB/月コース500円(税込550円)
1GB/月コース700円(税込770円)
3GB/月コース900円(税込990円)780円(税込858円)
900円(税込990円)
6GB/月コース1,200円(税込1,320円)1,080円(税込1,188円)
1,200円(税込1,320円)
10GB/月コース
1,600円(税込1,760円)1,480円(税込1,628円)1,600円(税込1,760円)
20GB/月コース3,920円(税込4,312円)3,800円(税込4,180円)

3,920円(税込4,312円)
30GB/月コース5,500円(税込6,050円)
5,380円(税込5,918円)
5,500円(税込6,050円)

端末セットで契約できる最安プランは、「1GB/月コース」の月額770円(税込)です。仮に「1GB/月コース」を2年間継続利用すると、18,480円(税込)となります。

そこに初期費用3300円(税込)も支払いますので、合計21,780円(税込)です。

21,780円(税込)程度支払えば、安く購入した端末代金の回収もできる見込みです。

2年間の継続利用は最低ラインに過ぎません。3年程度は利用すると安全な領域に入ります。

OCNモバイルONEエラーコード402は解約履歴がないなら回避?

OCNモバイルONEエラーコード402は、過去の解約履歴状況に合わせてシステムエラーを作ったものです。

1回線目を2年以上継続利用しているなら、端末セット契約できます。複数回線をもつことは許されていますので、1回線目を解約せずに2回線目、3回線目と契約していくことは問題ありません。

ブラックリストに入るユーザーは、解約をしてから再契約することが問題なのです。

OCNモバイルONEエラーコード402になる理由

エラーコード402が出る理由は、大雑把に言えばブラックリスト入りで即申し込めない状態です。エラーコード402が出る理由は人それぞれさまざまです。

エラーになる理由内容
6ヵ月以内に短期解約した新コース以外の基準として最低利用期間6カ月間以内の解約はブラックリスト入り
7ヵ月目などの短期解約をした新コース以外の最低利用期間基準6ヵ月間を過ぎればすぐに解約で安全とは言えない
解約数が多いスマホセット契約における解約数が多い端末目的が疑われる
家族がブラックリスト同一住所の家族がブラックリストに入っていると契約ができない
5回線契約をしているOCNモバイルONEは同一名義は5回線までと規定があります。
2セット目の契約セール期間中は、お一人様1セットと規定があります。
過去の契約実績過去の契約実績などから判断して、契約は出来ないことがある
短期に契約を繰り返した短期間に集中して契約してしまうと契約をお断りすることがあります。
間のセール期間外でもう1台ご購入は不可セール期間中に端末セットを申し込み、セール終了後のセール期間外には申し込みができません。

6ヵ月以内に短期解約した

OCNモバイルONEスマホセットを契約して半年以内に解約をすると端末転売や安い端末購入目当てと判断されブラックリストに入ります。

ブラックリスト制度を設けないと、半年サイクルで端末を購入できてしまいます。

OCNモバイルONEスマホセールはあくまでも契約継続を長期で利用するユーザーの為に用意されたものです。

端末セットで短期解約を繰り替えされたら、会社は安く端末を販売しているので料金から利益を回収できなくなってしまいます。

端末を安く販売して通信料で利益を得るので当然に長期で利用して頂きたいのです。

このブラックリストは半年以内の短期解約1回でなります。最低でも2年以上は継続利用してから解約が望ましいです。

7ヵ月目などの短期解約をした

OCNモバイルONEの端末セットで契約できる新コースは最低利用期間がありませんが、新コース以外の最低利用期間6ヵ月間を過ぎた7ヵ月目に解約した場合でも、短期解約によるブラックリストに入ります。

新コース以外の最低期間の目安である6カ月間を使えば良いというものではありません。

電気通信事業法改正前に携帯各社が定めた2年縛りを基準とみてよいでしょう。

2年程度は継続的に利用しないと端末転売目的による契約とみなされ再契約の際にエラーコードが出て契約できなくなります。

たとえ10カ月間の利用でも短期解約に該当します。2年というのがブラックリストに入らない安全の目安基準となります。

解約数が多い

スマホセットの解約回数が多いとブラックリストの対象となります。

一応は6ヵ月以上は継続しているものの、例えば7ヵ月目に解約を繰り替えした場合は解約回数が増えるので、ブラックリストに入ります。

解約の回数がどれくらいでブラックリスト入りするかの基準は非公表ですが、解約1回でも怪しいので、解約せずに5回線まで契約してしまった方が間違いなく契約できるでしょう。

解約数のカウントされるのはスマホセットです。

SIMのみの解約は端末を安く購入しておりませんのでカウント対象にはなりません。

利用月数にかかわらず契約と解約を繰り返されることに問題がありますので、短期間の間にOCNモバイルONEの契約と解約をしないようにした方が良いです。

5回線まで契約できることになっていますが、安全にいくなら1回線を2年単位で契約と解約を繰り返す方が良いでしょう。

NTTコミュニケーションズ株式会社では、明確な以下の注意事項を明記しています。

過去にOCNの入退会を繰り返す等転売目的のおそれがある場合や、取引実績その他総合的な与信判断の観点から、注文をお断りする場合や注文確定後にキャンセルさせていただく場合があります。

家族がブラックリストに入っている

自分が一度も解約をしていなくても、家族が短期解約をすると、エラーコードが出ます。これは、名前が異なる場合でも同じ住所で同一のグループとみなされるからです。

これを避けるには住所の書き方を変える必要があります。

例えば、こちらの住所があります。

〒105-6390 東京都港区虎ノ門一丁目23番1号

これをこのように書き換えます。

〒105-6390 東京都港区虎ノ門1-23-1

番地の部分を書き換えることで別の住所と機械判断されます。住所の一致はコンピューターが行っていますので、完全一致にならないように調整すれば良いのです。

5回線契約をしている

OCNモバイルONEは同一名義で契約できるのは5回線までです。6回線目を契約しようとしてもエラーで弾かれます。5回線のうち、どれか1回線を解約すれば契約できます。

ただし、その解約が短期にあたらないものが条件となります。

セール期間中に1セット以上の契約をした

OCNモバイルONEでは、「お一人様1セット限り。複数のお申し込みを確認した場合は、キャンセルとなり商品をお届けできません。」という規定があります。

セール期間は20日間程です。このセール期間に、同一名義で2セット目を契約するとキャンセル扱いとなります。

これは生涯で「お一人様、1セット限り」ではありません。新しいセールが始まりましたら、2セット目の申し込みが可能です。

OCNモバイルONEでは端末セット含めて同一名義で5回線まで申し込みできますので、1度端末セットを契約したら、2セット目以降申し込めないということはありません。

同じセール期間中に2セットの申し込みは不可です。

※スマホセット申し込み欄に、「お申し込みはお一人様1セット限りとさせていただきます。」とあります。

過去の契約実績が悪い

OCNモバイルONEの音声対応SIMは、2019年9月30日以前は、本人確認書類の確認が完了した日+10日後を含む月(利用開始月)を1カ月目として6カ月目までを最低利用期間として、解約違約金8,000円(不課税)でした。

NTTコミュニケーションズ株式会社では、過去の音声対応SIMの解約は全て把握されており過去解約した全回線がいつ解約しているかの履歴が残っています。

例え、過去のすべての回線で、最低利用期間をクリアした解約違約金が発生していない状態であっても、過去の契約実績などから判断して、契約は出来ない場合があります。

つまり、契約と解約の回数において悪質と判断されると新規契約を受け付けしなくなります。

たとえ2019年9月30日以前に半年以内に解約した覚えがない場合でも、利用期間だけが目安ではなく、契約と解約の回数実績も含めて総合判断されます。

短期に契約を繰り返した

OCNモバイルONEでは、同一名義で5回線まで契約できますが、短期間に集中して契約してしまうと不審に思われてしまいます。

1カ月に1回ペースで契約など短期間に契約を繰り返す場合、一時的なブラックリスト入りすることがあります。

セールは毎月開催しているので、事実上、毎月に端末セット契約できますが、3カ月連続で端末セット契約すると、目的意識が疑われます。

間のセール期間外でもう1台ご購入は不可

OCNモバイルONEセールが終了すると、セール期間外に入る場合があります。この場合、セール期間中に端末セットを申し込み、セール終了後のセール期間外には申し込みができません。

セール終了後すぐにセール開始する場合、新しいセール期間中に2セット目の申し込みは可能です。

OCNモバイルONEセールは終了後すぐにセール開催する場合と、セール終了後はセールを実施しない期間がある場合と2つのパターンが存在します。

OCNモバイルONEエラーコード402回避方法

「住所」「連絡先」「クレジットカード情報」を変更することで、エラーコードを回避できる可能性が高まります。

連絡先は、今まで固定電話なら携帯番号にします。クレジットカードは2枚ある場合はもう一枚のカードを登録します。

住所は、番地の記述を変更しましょう。名義が同一でも住所・連絡先・クレジットカードの情報が異なれば、別の人物と判断されます。

同姓同名の方はいるので、名義だけで弾くと、同じ名前の方が契約できないとなり問題なので、住所・連絡先・クレジットカードの情報変更が望ましいと言えます。

OCNモバイルONEエラーコード402が出た場合、ブラック解除はいつ?

OCNモバイルONEエラーコード402が出る理由は人それぞれ異なります。悪質性が高い場合は2度とブラック解除されないので一生契約ができません。

ブラック解除までの期間は、人により異なり1年~2年など待つ必要があります。