OCNモバイルONE審査落ち理由!結果時間どのくらい?

OCNモバイルONE審査ある?

OCNモバイルONEでは審査がありますが、審査基準は一切非公開となっております。NTTコミュニケーションズ株式会社では審査基準が設けられていますが、それを公開すると対策されるので秘密となっております。

審査はありますが、過去に何か問題があったり、申し込みに不備があったりなどしない限りは基本的に審査に通ります。

NTTコミュニケーションズ株式会社としては、1人でも顧客が増えた方が利益を上げられるので、1人でも審査に落としたくありません。

しかし、問題を起こし損害を与えそうなユーザーは別です。そのため、審査で厳正に適切なユーザーであるかを見極めてジャッジしています。

OCNモバイルONE審査結果にかかる時間は?

OCNモバイルONEは、スマホセットとSIMのみ契約では、到着までの時間が異なります。

スマホセットの場合は、到着まで1週間程度かかります。

SIMのみの場合は、到着まで2〜3日かかります。

スマホセットは端末を安く販売している都合上、不正な転売目当てや短期解約をしないかなど審査をするので時間がかかります。

SIMのみの場合は、SIMカードのみとなりますので、端末セットよりも審査は緩くなります。

OCNモバイルONE審査落ちの理由1:MNP有効期限切れ

OCNモバイルONEに乗り換えで転入する場合、MNP予約番号の有効期限の残り日数は、お申し込み日を含め、12日以上必要です。

MNP予約番号を取得してから4日以上経過してから申し込むとMNP予約番号の有効期限が12日以上ありませんので審査に落ちます。

この場合は、MNP予約番号を再取得して申し込むことになります。

OCNモバイルONE審査落ちの理由2:同一名義で5回線契約している

OCNモバイルONEは同一名義で5回線まで申し込めるようになっております。6回線目からは申し込みが不可となります。

すでに5回線契約している場合は、1回線解約してから申し込みする形となります。ただし、短期解約はブラックリストの対象となりますので、長期継続している回線を解約に限ります。

OCNモバイルONE審査落ちの理由3:転出元とOCNモバイルの契約者が違う

転出元の契約者名とOCNモバイルで申し込みをしたときの契約者名が異なると審査に通りません。

嫁がドコモからOCNモバイルONEに電話番号をそのままにして転出しようとする場合、ドコモの契約者名が旦那の名義である場合、名義が異なるため転出することはできません。

この場合は、ドコモで名義変更の手続きを行います。ドコモショップへ行けば手続き可能です。契約者と利用者の2人でドコモショップへ行くことで手続きが迅速に進みます。

それぞれの本人確認書類を提出し、手数料を支払うことで名義変更ができます。

OCNモバイルONE審査落ちの理由4:本人確認書類と申し込みの内容が異なる

本人確認書類を提出しますが、そこに記載されている名前・住所などの情報と申し込み内容が異なると審査に通りません。

一字一句でも間違っていると相違により受付されません。番地も完全一致させます。

「500-206」という番地を「500番206」と入力してしまうと、1語が違うので相違が起きます。

本人確認書類を確認しながら、そのまま入力するようにしましょう。最後に照らし合わせを行います。

OCNモバイルONE審査落ちの理由5:クレジットカード名義と契約者名義が異なる

クレジットカード名義は契約者本人限定です。家族名義のクレジットカードを使って申し込むと名義の相違が起きるので審査に落ちます。

クレジットカード支払いは、必ず契約者と同一名義のものをご利用ください。

OCNモバイルONE審査落ちの理由6:家族が滞納をしていた

OCNモバイルONEを契約している家族が料金支払いを怠っている場合も審査に落ちます。

申込者と同じ住所に住んでいると家族とみなされます。住所が別なら家族かどうかNTTコミュニケーションズ株式会社側は判定できませんので、別住所の家族が滞納していても審査に通ります。

OCNモバイルONE審査落ちの理由7:他社で滞納をしていた

他の携帯電話会社(ドコモなど)で料金の滞納があった場合、審査に落ちます。携帯電話会社にはブラックリストというものが存在します。

携帯電話の料金の未払いや短期解約などをすると、携帯電話会社の社内のブラックリストに入ります。

そこで、料金が払われないままの状態を放置すると、各携帯電話会社が共有するデータベースに登録されます。

そこまでいくとNTTコミュニケーションズ株式会社がブラック情報を見ることができるのでOCNモバイルONEでも滞納が疑われてしまいます。