OCNモバイルONE契約者変更!名義変更の時間日数!承継・改称・譲渡

OCNモバイルONEは契約者変更可能

OCNモバイルONEは、契約者の名前変更が可能です。契約者変更には、承継・改称・譲渡の3つの手続きがあり、それぞれ下記の基準にて承ります。

譲渡・・権利を譲る場合
承継・・相続や法人の合併などに伴い、権利を受け継ぐ場合
改称・・結婚などで名前が変わった場合や会社名が変わった場合

電話加入権を名義変更したいという場合、「譲渡」「承継」「改称」の3種類の手続きがあります。

例えば、親が持っているOCNモバイルONE電話加入権を、子どもが引き継ぎたいという場合には「譲渡」、もし親が亡くなって相続の一環として名義変更したい場合には「承継」、結婚をして自分の苗字が変わった場合は「改称」の手続きを行います。

継承

承継は、個人の場合は電話回線の契約者が亡くなったため、名義を変更ぜざるを得ない時にします。

「承継」についてはやむを得ない名義変更と判断され手数料は一切かかりません。契約者が亡くなったという場合は、やむを得ない理由に該当します。

法人の場合は、会社の合併や分割する場合、現契約者から新契約者が権利を受け継ぐ場合にします。

手続きは「加入権等承継・改称届出書」を提出して行いますが、この場合も必要書類があります。

死亡の事実と相続関係が確認できる、「戸籍謄本と戸籍抄本」、もしくは「遺言書」です。また、新契約者となる人の印鑑が必要です。こちらの手数料は無料です。

【個人のお客さま】
契約者が死亡し引継ぐ場合

【法人のお客さま】
合併・分割時に新会社となる場合で、新会社にて別組織に契約を承継する場合

改称

個人は結婚や離婚などにより苗字を変更する場合などにします。

法人は有限会社から株式会社へ会社名が変更する場合などにします。

改称の手続きは「承継・改称届出書」を提出して行います。

苗字が変わった事実が確認できる書類が必要です。「戸籍謄本と戸籍抄本」で、新旧の性が記載されているものを添えます。また、新契約者となる人の印鑑が必要です。

こちらの手数料も無料です。

【個人のお客さま】
改名した場合

【法人のお客さま】
会社名/組織名を変更した場合

譲渡

自己都合により第三者に譲渡する場合にします。

(OCN契約1契約につき、手数料800円(税込880円)が必要です)

第3者へ電話の権利を譲る場合は「譲渡」となります。

法人のお客様で企業合併や分割を行われた場合や、個人のお客様はご契約者様がお亡くなりになった場合に「承継」となります。

契約者が存命中に名義変更する場合は「譲渡」となります。

例えば、家族内で親名義を成人を機会に子供名義に変更の場合や親戚などから名義変更をする場合が「譲渡」になります。

個人名義から法人名義に変更することも契約上では譲渡になります。

手続きは「譲渡承認請求書」を提出して行いますが、必要な確認書類があります。譲り渡す人の「印鑑証明書」と譲り受ける人の名前と住所が確認できる「運転免許証・パスポート・健康保険証・外国人登録証明書・住民基本台帳カード(顔写真あり)など」です。

また、書類には、譲り渡す人の印鑑登録している印鑑と、譲り受ける人の印鑑を押印する必要があります。

OCNモバイルONE契約者変更方法(契約者が個人の方)

ご契約者が亡くなられたので名義変更したい(承継)

名義変更は書類でのお手続きとなります。

承継についての注意事項として、OCN モバイル ONE 契約については、年齢制限がございます。

音声通話とデータSIMはそれぞれ引き継げる年齢が異なります。

・音声対応SIM:20歳未満の方への承継はできません。
・データ通信専用SIM(SMS機能付き含む):18歳未満の方への承継はできません。

現在のご契約者は、死亡した事の証明が必要です。

いずれか1点を提出します。

戸籍謄(抄)本
住民票
死亡診断書
埋葬許可書
市町村の広報誌
除籍謄(抄)本

新契約者は相続人であることの証明が必要です。

・戸籍謄(抄)本
・法定相続情報証明書
・遺言書
(家庭裁判所の検認を受けたもの(正本と相違ない写し))

「OCN モバイル ONE」のご契約を承継される場合、不正利用防止のため、公的な本人確認書類をもって、承継後のお名前・生年月日・ご住所、および書類の有効期限を確認します。

そのため、上記の<必要な証明書>以外に本人確認書類が必要となるケースがあります。

承継・改称届用紙ダウンロード(PDF A4版)

結婚、離婚、改名により名義変更したい(改称)

改称についての注意事項として、OCN モバイル ONE 契約については、年齢制限がございます。

音声通話とデータSIMはそれぞれ引き継げる年齢が異なります。

・音声対応SIM:20歳未満の方への承継はできません。
・データ通信専用SIM(SMS機能付き含む):18歳未満の方への承継はできません。

現在のご契約者は、「改姓した改名した」いずれか1点の証明書が必要です。

運転免許証
住民票
戸籍謄(抄)本
在留カード、特別永住者証明書

「OCN モバイル ONE 音声対応SIM」のご契約を改称される場合、不正利用防止のため、公的な本人確認書類をもって、改称後のお名前・生年月日・ご住所を確認させていただいております。

そのため、上記の<必要な証明書>以外に本人確認書類が必要となるケースがあります。

承継・改称届用紙ダウンロード(PDF A4版)

上記以外で第三者に名義変更したい、または、個人→法人へ名義変更したい(譲渡)

【名義変更の内容】 第三者へ契約情報を引き継ぎしたいお客様の変更種別は「譲渡」のお手続きとなります。手数料として、1契約につき、800円(税抜)が必要です。

譲渡は音声通話とデータSIMはそれぞれ引き継げる年齢が異なります。

・音声対応SIM:20歳未満の方への承継はできません。
・データ通信専用SIM(SMS機能付き含む):18歳未満の方への承継はできません。

譲り渡す方の現在の契約者はいずれか1点の本人確認書類が必要です。

運転免許証
日本国パスポート
健康保険証
在留カード              
特別永住者証明書
障害者手帳
国民年金手帳

譲り受ける方(新契約者)はいずれか1点の本人確認書類が必要です。

運転免許証
健康保険証
印鑑登録証明書
在留カード
特別永住者証明書

譲渡申請書用紙ダウンロード(PDF A4版)