OCNモバイルONEの5G対応はいつ?何が変わる?

OCNモバイルONEの5G対応いつから?

blank

現在、5Gに対応しているのは携帯キャリアは、ドコモ・ソフトバンク・auのみです。楽天モバイルとLinksMate以外の格安SIMは対応しておりません。

ドコモ・ソフトバンク・auでも、5Gの提供エリアは限定的です。

NTTドコモは、2023年末までの5Gの人口カバー率の目標が2022年3月末時点で人口カバー率約55%、2023年3月末時点で約70%を実現します。

OCNモバイルONEにて5Gのサービスを提供するのは、NTTドコモの5Gエリア拡大がある程度落ち着いたタイミングとなりますので2022年~2023年頃には5Gサービス提供開始となるでしょう。

ドコモの5G対応エリア

ドコモは現在、基地局開設に邁進中です。

2023年3月末までに基地局数を3万2千局、新周波数による5Gの人口カバー率を約70%まで向上させます。

ドコモはドコモショップや競技場、スタジアムなどを中心に一部のスポットで提供しています。

ドコモショップ一部のドコモショップ店舗
ドコモ5Gオープンラボ® ドコモ5Gオープンラボ
スタジアム、球場 札幌ドーム、東京スタジアム、横浜国際総合競技場
小笠山総合運動公園エコパスタジアム、豊田スタジアム、東大阪市花園ラグビー場
阪神甲子園球場、神戸市御崎公園球技場、大分スポーツ公園総合競技場
MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島、福岡 ヤフオク!ドーム
札幌駅、仙台駅、金沢駅、大阪駅、京都駅、高松駅
空港東京国際空港、成田国際空港、関西国際空港

【2021年4月現在5G対応マップ】

エリアマップでは、5Gエリアを赤色で、LTEエリアを黄色で塗り分けられている。

図上にはピンが刺された場所は、ドコモショップ店内など、5Gが使えるスポットを示したもの。

緑のピンは前月末に利用可能となったスポット、黄色のピンは2カ月後末から提供するスポット、赤色のピンは5カ月後末から提供するスポットを示している。ピンに「m」があるスポットは、ミリ波対応のスポットを表している。

blank

【2021年9月の5G対応マップ】

blank

2021年9月末予定では密度も濃くなってきます。

blank

首都圏以外でも5Gのサービスエリアは拡大中です。こちらのマップは静岡を中心にしたもので、2021年9月末予定。新幹線の沿線などでの充実しています。

ドコモ5Gエリア

auの5G対応エリア

auは、北海道、埼玉県、千葉県、東京都、富山県、静岡県、愛知県、大阪府、岡山県、広島県、愛媛県、福岡県、佐賀県、大分県、沖縄県の各都道府県の一部となります。

auの5Gエリア

ソフトバンクの5Gエリア

ソフトバンクは、東京都内の東京駅、丸の内、有楽町、新橋などオフィス集中地域です。ごく一部のエリアに限られているため、誰もが5Gを体験できる環境はまだ整っていません。

ソフトバンク5Gエリア

5Gの商用化は始まっておりますが、5Gが全国的に普及するのは時間はかかります。

都内でも5Gが使える場所は限定的であり、5Gのプランに入り、5G対応のスマホを用意しても、実際に5G回線を使えるエリアが限られています。

現在、OCNモバイルONEを含める全ての格安SIMの5G対応予定は発表されておりません。

2023年には全国的に基地局の整備が完了する見込みであるため、OCNモバイルONEでも5Gの提供が開始される2023年あたりとなるでしょう。

OCNモバイルONEが5G対応で何が変わる?

高速・大容量

blank

5Gに変わると通信速度が大幅に向上します。

5Gでは、受信時最大4.1Gbps、送信時最大480Mbpsの通信が可能です。

大容量通信が高速で可能となり、従来にない新たなサービスが実現できる可能性があります。

2時間以上の映画でも3秒でダウンロードできるようになるので、高画質の映像をストレスなく楽しめるようになるでしょう。

他にも、4K/8Kなどの超高画質動画の配信が可能になったりで利用者の利便性向上につながります。

超高信頼・低遅延

blank

「エッジ・コンピューティング」という技術により、よりリアルタイムでの通信が可能になります。

4Gでは送信されたデータ(画像や音声など)が基地局へ届くまでに1/100秒のタイムラグが発生しますが、5Gではその10分の1以下、1/1,000秒に誤差を短縮できます。

多数同時接続

blank

5Gでは、より多くの機器を同時にネットワークに接続できるようになります。

4Gでは一定の範囲内での同時接続数が増え過ぎてしまうと、通信が集中してしまい、通信速度が落ちたり、接続ができなくなったりしていました。

5Gでは同時接続数が増えることで、スマートフォンやパソコン以外にも、身の回りのあらゆる家電や車などがインターネットに接続される「IoT」(Internet of Things)環境への変化を急速に推し進めることとなるでしょう。

OCNモバイルONEの5G料金どうなる?

※月間20GBおよび30GBのコースは、2021年4月1日(木)より新規申込の受付を停止となりました。現在、20GB・30GBご利用中のお客さまは引き続きご利用いただけます。

音声SIMカードの月額利用料は、2021年4月以降、月間通信容量に関わらず、「新コース」の場合は120円(税込132円)、「新コース以外」の場合は220円(税込242円)となります。

【新コース】

新コース音声対応SIMデータ専用SIMSMS対応SIM
1GB/月コース700円(税込770円)
3GB/月コース900円(税込990円)780円(税込858円)900円(税込990円)
6GB/月コース1,200円(税込1,320円)1,080円(税込1,188円)
1,200円(税込1,320円)
10GB/月コース1,600円(税込1,760円)1,480円(税込1,628円)1,600円(税込1,760円)
20GB/月コース
3,920円(税込4,312円)3,800円(税込4,180円)
3,920円(税込4,312円)
30GB/月コース5,500円(税込6,050円)
5,380円(税込5,918円)
5,500円(税込6,050円)

【新コース以外】

新コース以外音声対応SIMデータ専用SIMSMS対応SIM
110MB/日1,120円(税込1,232円)900円(税込990円)1,020円(税込1,122円)
170MB/日1,600円(税込1,760円)1,380円(税込1,518円)1,500円(税込1,650円)
3GB/月1,320円(税込1,452円)1,100円(税込1,210円)1,220円(税込1,342円)
6GB/月1,670円(税込1,837円)1,450円(税込1,595円)1,570円(税込1,727円)
10GB/月
2,520円(税込2,772円)2,300円(税込2,530円)2,420円(税込2,662円)
20GB/月4,370円(税込4,807円)4,150円(税込4,565円)4,270円(税込4,697円)
30GB/月6,270円(税込6,897円)6,050円(税込6,655円)6,170円(税込6,787円)

OCNモバイルONEでは5Gサービス提供した場合、「新コース」「新コース以外」で使えます。

OCNモバイルONEでは、4Gと5Gが両方使えるプランとなるでしょう。5Gだからといって値上げすることはありません。

4G通信に加えて5G通信の利用が追加料金なしで利用できます

OCNモバイルONEの5G対応エリアどうなる?

blank

OCNモバイルONEは、ドコモと同じ通信回線となりますので、ドコモの5G対応エリアと同じになります。

現状ではまだまだ対応エリアは狭く、都市部を除いて利用できない地域が多くあります。

全都道府県にそれぞれ5G対応エリアは存在しますが、範囲は狭いです。

北海道は函館市の五稜郭駅付近や札幌市の大通公園周辺など対応エリアは点在します。

ただ旭川市より北では、北東に位置する雄武町と最北端・稚内市の稚内北星学園大学の周辺のみ。道内の大部分が「5G空白地帯」です。

5Gのエリアは2022年3月末時点で人口カバー率約55%、2023年3月末時点で約70%を予定しており、この数字は現存する4G用周波数帯を5Gへ転用するエリアは含まないとしています。

OCNモバイルONEの5G対応機種について

blank

OCNモバイルONEの5G通信は対応している端末でないと5Gは利用できません。

OCNモバイルONEで5G利用する際は原則、動作確認のされている端末を使うことになります。

参考:OCNモバイルONE動作確認済み端末一覧

5Gに対応している端末は限られていますが、高性能のハイエンドモデルを中心に5G対応スマホの発表が続々と行われています。

今後低価格の5G対応スマホも増えることが予想されますので、より選択肢も広がります。

OCNモバイルONEでは、「AQUOS」「ASUS」「OPPO」「Xperia」「ZenFone」「Redmi」「iPhone」などの人気格安スマホの5G対応機種が販売されるでしょう。