OCNモバイルONE家族間通話・家族割・家族追加・家族名義などについて

OCNモバイルONEは家族間通話で無料?

OCNモバイルONEでは家族間無料通話サービスはありません。しかし、頻繁に連絡を取り合う家族と安く通話する方法はあります。

1つめは、「OCNでんわ」で電話することです。

「OCNでんわ」は、「OCN モバイル ONE 音声対応SIM」のオプション音声サービスです。

2021年4月7日以降、「OCN モバイル ONE 音声対応SIM」を用いた国内通話をご利用の際、自動で「OCNでんわ」のプレフィックス番号が付加され、専用アプリを利用いただくことなく、国内通話料が11円(税込)/30秒でご利用いただけるようになりました。

「OCNでんわ」を使えば通常発信時20円/30秒(税込22円/30秒)の半額10円/30秒(税込11円/30秒)で通話できます。

「かけ放題オプション」が用意されており、「10分かけ放題」なら月額850円(税込935円)上乗せで10分以内(1通話あたり)の国内通話が回数無制限で0円です。

「トップ3かけ放題」なら月額850円(税込935円)で、その月の国内通話料上位3番号の通話料が0円になります。

OCNモバイルONE家族割はある?

OCNモバイルONEでは家族割や2台目特典がありません。家族がそれぞれ個別で契約したところで何も割引は受けられません。

そのため、家族みんなで契約する方にとって料金はお得とは言えません。UQモバイルであれば2回線目以降は毎月500円割引されます。家族が5人なら、4人で2000円割引ですので大きいです。

ただ、UQモバイルは3GBで月額1980円です。OCNモバイルONE新コースは3GBで月額1480円です。OCNモバイルONEはもともと安い料金に設定されているため、UQモバイルより500円安いです。

家族割がなくても、問題ない料金といえるでしょう。UQモバイルは主回線が家族割の割引対象外となりますので月額1980円のままです。

OCNモバイルONEを家族みんなでお得に使いたい場合は容量シェアを使いましょう。

容量シェアは、ご契約の通信容量を最大合計5枚のSIMカードでシェアすることができます。

SIMカード追加手数料無料キャンペーン中となりますので、SIMカード1枚追加につき3000円の事務手数料がかかりません。

音声対応SIMカード・データ通信SIMの追加がそれぞれ可能です。音声対応SIMカードは新しい電話番号が付与されます。

容量シェアの欠点は、主回線のデータ容量を分け合う形となりますので、SIMカード追加した副回線の方はデータ容量を選べません。

家族で分け合う場合、誰がどのくらい使うか毎月異なるため、主回線の方がどのくらいのデータ容量なら足りるか考えて選択する必要があります。

OCNモバイルONE家族名義で契約できる?

NTTコミュニケーションズは2018年11月1日、OCNモバイルONEで、家族名義のクレジットカードの受け付けを終了しました。

今後は本人名義のクレジットカードが必須になります。

以前は家族名義で契約ができましたが、今後は本人のクレジットカードでしか契約ができません。

家族がクレジットカードを持っていない場合、主契約の方がSIMカード追加するしかありません。

個別契約を希望の場合は、同一名義で5回線まで申し込みが可能です。クレジットカード所有者が代理で申し込みすることになります。

ウェブでの申し込みでご利用いただけるお支払い方法は、クレジットカードのみです。

クレジットカードをお持ちでないお客さまは、カスタマーズフロント「0120-506506」(10:00~19:00、日曜・祝日・年末年始は除く)へご相談で口座振替申し込みが可能です。

口座振替は時間がかかりますが、それでも良い場合は電話で申し込みしましょう。

OCNモバイルONE家族5人まで毎月200円割引できるOCN光モバイル割

「OCN 光サービス」とセットのご利用で、「OCN モバイル ONE」の月額利用料が、毎月200円(税込220円)割引があります。

最大5契約まで合計1,000円(税込1,100円)まで割引となります。ご家族でもご利用いただけます。

対象となる「光サービス」は以下の通りです。

OCN 光 /OCN for ドコモ光/OCN 光 with フレッツ/OCN 光 おまかせプラン with フレッツ/OCN 光 「フレッツ」(OCN 光 「フレッツ」 WiFiアクセスを除きます)/OCN 光 おまかせプラン 「フレッツ」/OCN 光 あんしんプラン 「フレッツ」

OCN光サービスを契約している場合は、光モバイル割申し込みでOCNモバイルONE月額料金を200円(税込み220円)安くできます。