OCNモバイルONEらくらくスマホ使える?au「BASIO」Softbank「シンプルスマホ」は?

OCNモバイルONEで、らくらくスマホがおすすめな人

OCNモバイルONEを高齢者が使う場合、らくらくスマホがおすすめです。

その理由は以下です。

文字が大きい

高齢者はスマホ画面や雑誌の小さい文字など近くの小さいモノが見えにくい症状があります。

「らくらくスマートフォン」は大画面で、画面をワンタッチするとより拡大します。文字も大きく表示されるのでとても読みやすいです。

アイコンが見やすい

初期設定の時に小さなアイコンで並んでいては、高齢者には見づらいものです。

らくらくスマホは、スマホ画面の操作が直感的にわかるように表示してくれます。例えば、ゴチャゴチャと並んだゲームやショッピングなどのアプリを全てなくしています。

・電話
・メール
・カメラ
・時計
・電話帳
・LINE

など、最低限必要なアイコンのみ表示させてガラケーで慣れた機能寄りにしてあります。

専用ガイドブック付き

らくらくスマホには専用ガイドブックが付いています。これは通常のスマホにはついておりません。

らくらくスマホを存分に使いこなしたいユーザーにオススメのガイドブックです。操作の基本から便利な活用法まで、大きな字でわかりやすく解説しています。

本書では、文字の入力や電話・メールといった基本の操作から、インターネットや写真、テレビ、音楽などを楽しめる搭載アプリの活用法はもちろん、自分好みに調整できる各種の設定などを大きめの文字と画面でわかりやすく解説しています。

同端末のユーザーにはぜひとも手にとってほしい一冊です。

文字が入力しやすい

らくらくスマホは、文字が入力しやすいように文字キーの大きさや間隔にもこだわっています。

誤入力が心配な文字の入力も安心して操作できます。

らくらくホンセンターがある

らくらくスマホには、ワンタップで繋がるサポート窓口があります。

「らくらくホンセンター」は、らくらくスマートフォンまたはらくらくホンを利用しているお客様専用の電話受付センターです。専門のアドバイザーに、わからないことや操作方法を質問することができます。

※らくらくホンセンターの受付時間は、午前 9 時~午後 8 時(年中無休)です。
※通話料はかかりません。

操作がわからなくなってしまったときにボタンひとつですぐに問い合わせをすることができます。専門のアドバイザーが丁寧に教えてくれるので安心です。

OCNモバイルONEらくらくスマホは対応

OCNモバイルONEでは、ドコモ版らくらくスマホの動作に対応しています。

端末名通話データ通信SMSテザリング
らくらくスマートフォン(F-42A)
らくらくホン(F-01M)
らくらくスマートフォン me(F-01L)
らくらくスマートフォン3(F-06F)
らくらくスマートフォン me(F-03K)
らくらくスマートフォン4(F-04J)
らくらくスマートフォン F-12D

らくらくスマホはスマホらしく、操作はタッチパネルで行うが、操作に不慣れなユーザーに配慮して、ボタンのようにしっかり押し込んで操作する「らくらくタッチパネル」を採用しています。

らくらくスマホの販売は?

OCNモバイルONEでは、らくらくスマホの販売は行っておりません。

ドコモで販売している、らくらくスマホを用意して、SIMのみ契約することになります。

ドコモオンラインショップでは、ドコモ回線契約していなくても端末のみ購入ができます。

  • ドコモオンラインショップにアクセス
  • https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

  • らくらくホンを選択
  • 購入する機種を選択
  • 機種だけ購入(白ロム)の場合はこちら」を選択する
  • 注意事項を確認する
  • 「購入手続きへ進む」を選択
  • 必要事項を選択・記入
  • 注文画面から注文をすれば、申し込み完了

ドコモ版らくらくスマホはSIMロック解除不要

OCNモバイルONEはドコモ回線の格安SIMなので、ドコモで購入したらくらくスマホはSIMロック解除なしで引き続き使えます。

ドコモからOCNモバイルONEへ乗り換える場合、そのまま、らくらくスマホを使うことができます。

APN設定が必要

らくらくスマホをOCNモバイルONEで使う場合、APN設定が必要です。

「新コース」をご契約された場合と、「新コース以外」の場合で、APNの設定値が異なります。設定の際はご注意ください。

「新コース」のAPNlte.ocn.ne.jp
「新コース以外」のAPNlte-d.ocn.ne.jp
  • ホーム画面で[本体設定]をタップします。
  • [通信の設定]をタップします。
  • [モバイルネットワーク]をタップします。
  • [データ通信を有効にする]を[オン]にし、[アクセスポイント名]をタップします。
  • 「新コース」のAPNは「lte.ocn.ne.jp」、「新コース以外」のAPNは「lte-d.ocn.ne.jp」で選択
  • [通信の設定]画面で[Wi-Fi]を[オフ]にし、OCN モバイル ONEでインターネット接続できることをご確認ください。

OCNモバイルONEで、らくらくスマホ使う注意点

らくらくスマホは、ほぼ高齢者が使っていますが、使う上での注意があります。

充電器が付属しない

らくらくスマホに付属されているのは、「操作ガイド」「電池パック」「卓上ホルダ」のみです。

ACアダプタ(充電ケーブル)は付属しておりません。

ACアダプタ 05をドコモオンラインショップで購入しましょう。

https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/options/detail.html?item-code=AAF39656

他社らくらくスマホは動作未確認

OCNモバイルONEでは、ドコモ版らくらくスマホのみが動作確認されています。

auやソフトバンクでもらくらくスマートフォンのようにシンプルなスマートフォンが販売されています。

auは、「BASIO」、Softbankは「シンプルスマホ」というブランドです。

au版とソフトバンク版に関しては動作が確認されていません。OCNモバイルONEで、らくらくスマホを使うならドコモ版をおすすめします。

ゲームに向かない

らくらくスマホは、処理性能の高さ(CPU、メモリ、コア数)、グラフィックやサウンド機能などのスぺックが高くありません。

CPUのスペックが低いので、負荷が大きいゲームで遊べるとは言えません。

メールやLINE、電話、ブラウジングが中心の方に向いています。