OCNモバイルONE無料Wi-Fiスポット設定使い方

OCNモバイルONEのWi-Fiスポットとは?

OCNモバイルONEのWi-Fiスポットとは、OCNモバイルONEの日次、月次コースをご契約中のお客さまにOCNモバイルONE Wi-Fiスポットを無料でご利用いただけるサービスです。

追加料金不要でご利用いただけます。

Wi-Fiスポットとは、カフェ・駅・空港・ホテルなど、外出先で高速インターネットをご利用いただけるサービスです。

以下がOCN モバイル ONE Wi-Fiスポットのお申し込みが可能な対象コースとなります。「新コース」「新コース以外」すべてのプランが対象です。

※月間20GBおよび30GBのコースは、2021年4月1日(木)より新規申込の受付を停止となりました。現在、20GB・30GBご利用中のお客さまは引き続きご利用いただけます。

音声対応SIM新コース以外新コース
1GB/月コース700円(税込770円)
3GB/月コース1,320円(税込1,452円)900円(税込990円)
6GB/月コース1,670円(税込1,837円)1,200円(税込1,320円)
10GB/月コース2,520円(税込2,772円)1,600円(税込1,760円)
20GB/月コース
4,370円(税込4,807円)3,920円(税込4,312円)
30GB/月コース6,270円(税込6,897円)5,500円(税込6,050円)
110MB/日コース1,120円(税込1,232円)
170MB/日 1,600円(税込1,760円)
SMS対応SIM新コース以外新コース
1GB/月コース
3GB/月コース1,220円(税込1,342円)900円(税込990円)
6GB/月コース1,570円(税込1,727円)1,200円(税込1,320円)
10GB/月コース2,420円(税込2,662円)1,600円(税込1,760円)
20GB/月コース
4,270円(税込4,697円)3,920円(税込4,312円)
30GB/月コース6,170円(税込6,787円)5,500円(税込6,050円)
110MB/日コース1,020円(税込1,122円)
170MB/日 1,500円(税込1,650円)
データ専用SIM新コース以外新コース
1GB/月コース
3GB/月コース1,100円(税込1,210円)780円(税込858円)
6GB/月コース1,450円(税込1,595円)1,080円(税込1,188円)
10GB/月コース2,300円(税込2,530円) 1,480円(税込1,628円)
20GB/月コース
4,150円(税込4,565円) 3,800円(税込4,180円)
30GB/月コース6,050円(税込6,655円) 5,380円(税込5,918円)
110MB/日コース900円(税込990円)
170MB/日 1,380円(税込1,518円)

音声SIMカードの月額利用料は、2021年4月以降、月間通信容量に関わらず、「新コース」の場合は120円(税込132円)、「新コース以外」の場合は220円(税込242円)となります。

新コース音声対応SIMの1GBコースは月額料金700円(税込770円)に音声SIMカード月額利用料120円(税込132円)が加算されて、月額820円(税込902円)となります。

新コース以外音声対応SIMの3GBコースは月額料金1,320円(税込1,452円)に音声SIMカード月額利用料220円(税込242円)が加算されて、月額1540円(税込1694円)となります。

OCNモバイルONEのWi-Fiスポットご利用可能エリア

「Wi-Fiスポット」の探し方は、とても簡単です。契約しているOCNモバイルONEのWi-Fiスポットサービスのホームページで探すことができます。

鉄道、空港、カフェ・ファーストフード、ホテル、デパート、商業施設、オフィスビル、図書館、大学、コンベンションセンタなどでWi-Fiスポットの利用が可能です。

ご利用可能エリアを確認する

OCNモバイルONEのWi-Fiスポット申し込み方法

  • お申込みページ
  • お申込みページ

  • Wi-Fiスポットに申し込む
  • Wi-Fiスポットに申し込む

  • Wi-Fiスポットサービス お申し込み必要事項に同意
  • Wi-FiユーザーID発行
  • Wi-FiユーザIDの発行が完了しました。

  • 端末のWi-Fi設定時に必要な情報ですので、必ずメモをお取りください。
    ユーザIDは、半角英小文字2文字のあとに数字7文字が続き、最後に@以降の文字列となります。

OCNモバイルONEのWi-Fiスポットご利用の流れ

まず、「OCN モバイル ONE アプリ」を利用します。

android版ダウンロード

iOS版ダウンロード

アプリを起動してWi-FiユーザIDの発行と設定を行います。

■Androidの設定方法

  • 「OCN モバイル ONE アプリ」の左上にあるナビゲーションボタンを選択
  • [無料Wi-Fiの利用開始]を選択
  • Wi-Fiスポット利用規約を一読いただき、[Wi-Fiスポットの利用を開始する]を選択
  • Wi-Fiスポットの利用設定が完了しました

■iOSの設定方法

  • 「OCN モバイル ONE アプリ」の左上にあるナビゲーションボタンを選択
  • [無料Wi-Fiの利用開始]を選択
  • Wi-Fiスポット利用規約を一読いただき、[Wi-Fiスポットの利用を開始する]を選択
  • [構成プロファイルのインストールを始める]を選択
  • プロファイルのインストール画面で[インストール]をタップ
  • パスコードを入力画面が表示された場合、iOS端末のロック解除時に入力する英数字(パスコード)を入力
  • 警告画面で、再度[インストール]をタップ
  • 確認画面で[インストール]を選択
  • インストール完了画面が表示されたら、[完了]をタップ
  • アプリ画面へ戻り、設定完了です

「マイページ」を利用してWi-FiユーザIDを発行する

アプリを使わず手動で設定をされるお客さまはこちらをご確認ください。
OCN モバイル ONEの月次コース、日次コースのご契約が必要です。

  • Wi-Fiスポットサービスのお申し込みをする
  • 「会員サポート」より「追加の手続き」から「OCN モバイル ONE Wi-Fiスポット」の「申込手続きをはじめる」を選択します。
    マイページ追加の続き

  • Wi-FiユーザIDを発行したいご契約を選択する
  • 利用規約に同意します
  • Wi-FiユーザIDの発行が完了しました
  • 設定する
  • Wi-FiユーザIDの確認後、Wi-Fi設定をしてください。
    Wi-Fiの設定方法を確認する

OCNモバイルONEのWi-Fiスポットは通信量は加算されない?

OCNモバイルONEのWi-Fiスポットでどれだけインターネットをしても通信量は加算されません。

OCNモバイルONEの契約では毎月の通信容量が定められており、一定容量を超えると、低速な速度で我慢したり、追加容量オプションで費用を支払って通信できる容量を増やさなければなりません。

こうした状況になったとき、Wi-Fiスポット頼りになるのはもちろんですが、通信容量が不足する前にも積極的にWi-Fiスポットを使って「ギガ」を無駄に消費することが防げます。

OCNモバイルONEのWi-Fiスポットはセキュリティは安全?

OCNモバイルONEのWi-Fiスポットはセキュリティは無線LAN環境のセキュリティを重視し、WPA2方式での暗号化に対応しています。

在セキュリティ上1番安全と言われているのが「WPA2(Wi-Fi Protected Access 2)」方式です。

従来の「WEP」「WPA」の脆弱性を考慮し、暗号化方式を技術的に1から見直して「AES」という暗号化アルゴリズムを採用することで安全強度を高めています。

これにより現時点においてはAESを用いた「WPA2」の暗号化の解読は困難であり、さらに「WEP」「WPA」は通信速度が最大54Mbpsと制限があったのに対し、「WPA2」には速度制限がありません。

OCNモバイルONEのWi-Fiスポットは自動接続で便利

OCNモバイルONEのWi-Fiスポットエリアに入ると自動でインターネット接続されます。

初回IDとパスワードを設定すると全国のWi-Fiスポットエリアで自動で高速通信が利用できます。

Wi-Fi接続時にわざわざアプリを立ち上げる必要がないので手間がありません。

アプリの初期設定が完了してさえいれば、スマートフォンの電源を入れるだけで、自動的にWi-Fi接続が開始されます。

特別な操作を要さないため、Wi-Fi接続までの手間を大幅に省略することができます。

OCNモバイルONEのWi-Fiスポットは大容量通信ができる

OCNモバイルONEのWi-Fiスポットは大容量通信もスムーズに利用できます。動画の視聴やアプリのダウンロードもサクサク高速通信が利用できます。

OCNモバイルONEでWi-Fi接続を利用するもっとも大きなメリットは、高速な通信を制限を受けない点です。

スマホの基本的なインターネット接続方法は、「3G」「4G」「LTE」などと呼ばれる、携帯電話回線を利用した接続です。

しかし、高速で通信できるデータの容量は1ヵ月に3GBや6GBまでと定められています。それを超えると通信速度が大幅に低下してしまいます。

そこで活躍するのがWi-Fiを使ったインターネット接続です。Wi-Fiを介してやり取りしたデータ通信容量は、契約プランによって定められている通信容量の制限にはカウントされません。

どんなにたくさんの通信を行っても基本データ容量が減ることがありません。

動画配信サービスの利用、画像・動画・アプリのアップロード・ダウンロードなど、大容量のデータ通信が発生する用途ではWi-Fiでのインターネット接続が望ましいです。