2022年5月|eSIM最安おすすめランキング

音声通話SIM対応のeSIMで一番おすすめはドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」です。

「ahamo(アハモ)」がeSIM契約でおすすめ1位の根拠は以下3つです。

以上3つの理由からeSIM契約は、ahamoをおすすめします。

【eSIM対応格安SIM比較表】

eSIM対応格安SIM料金(税込)データ容量対応SIM
IIJmio165 円~1650円0GB~20GB・データSIM
LINEMO990円~2,728円3GB~20GB・音声対応SIM
ahamo2,970円20GB・音声対応SIM
UQモバイル1,628円~3,828円3GB~25GB・音声対応SIM
楽天モバイル0円~3,278円1GB~無制限
・音声対応SIM
ワイモバイル2,178円~4,158円3GB~25GB・音声対応SIM
povo2.00円~12,980円
1GB~150GB・音声対応SIM
リンクスメイト165円~49,852円100MB~1TB・音声対応SIM
・SMS+データSIM
・データSIM

1位:ahamo

ahamoでは現在、契約情報をデータとして読み込む「eSIM」に対応しています。iPhoneシリーズ(XR/XS以降の全モデル)がeSIM対応しています。

eSIMはオンラインで回線情報を書き込めるので、24時間申し込みができ、最短1時間でドコモの通信サービスを利用できるようになります。

なお、MNPの開通手続きは9時~21時の対応となります。

月額料金2700円(税込2970円)
別途ユニバーサルサービス料がかかります
月間利用可能データ容量20GB
利用可能データ容量超過後速度送受信時最大1Mbps
音声通話1回あたり5分以内の国内通話無料
「SMS(1通あたり3円)」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)の特番、番号案内、衛星電話などへの発信は対象外
5分をこえる国内通話は22円/30秒
ネットワークドコモの4G/5Gネットワーク
利用可能データ容量の追加1GBあたり500円(税込み550円)で利用可能データ容量の追加が可能
かけ放題オプション月額1,000円(税入1100円)で国内通話無料

ahamo公式限定ページ申し込みはこちら

2位:IIJmio

eSIMでデータSIMが利用できる格安SIMの中で一番IIJmioがおすすめです。

eSIMはデータ通信、ドコモ網のみで、2GBは400円、4GBは600円、8GBは1000円、15GBは1300円、20GBは1500円となります。

IIJmioで提供されているeSIMプランは「ギガプラン」「データプラン ゼロ(eSIM)」など2つのプランがあります。

どちらのeSIMも「ドコモ回線網のみ」「データ通信のみ」となります。

【ギガプラン料金表】

※「音声」「SMS」「データタイプDのみ」はeSIM契約不可

プラン2ギガプラン4ギガプラン8ギガプラン15ギガプラン20ギガプラン
データ容量2GB4GB8GB15GB20GB
音声税込858円
(税抜780円)
税込1,078円
(税抜980円)
税込1,518円
(税抜1,380円)
税込1,848円
(税抜1,680円)
税込2,068円
(税抜1,880円)
SMS税込825円
(税抜750円)
税込1,045円
(税抜950円)
税込1,485円
(税抜1,350円)
税込1,815円
(税抜1,650円)
税込2,035円
(税抜1,850円)
データ
タイプDのみ
税込748円
(税抜680円)
税込968円
(税抜880円)
税込1,408円
(税抜1,280円)
税込1,738円
(税抜1,580円)
税込1,958円
(税抜1,780円)
eSIM税込440円
(税抜400円)
税込660円
(税抜600円)
税込1,100円
(税抜1,000円)
税込1,430円
(税抜1,300円)
税込1,650円
(税抜1,500円)

「データプラン ゼロ(eSIM)」の月額料金は165円/月ですが、これにはデータ通信量は含まれていないので、データ通信を使うには追加データ量をチャージする必要があります。

最初の1GBは330円で、月額料金165円と合わせて1GB利用で495円/月となり、以降2GBから最大10GBまで1GBあたり495円でデータチャージできます。

つまりデータ通信1GBあたり月額495円(税込)です。

【データプラン ゼロ(eSIM)の料金表】

データ容量基本料金+データ容量料金
基本料金
(データ利用ゼロのとき)
165円(税込)
1GB
495円(税込)
2GB
990円(税込)
3GB
1,485円(税込)
4GB
1,980円(税込)
5GB
2,475円(税込)
6GB
2,970円(税込)
7GB3,465円(税込)
8GB3,960円(税込)
9GB
4,455円(税込)
10GB4,950円(税込)

月額料金は150円で、1GB単位でチャージしていきます。

チャージ料金は毎月1回目が300円、2回目以降は450円で、チャージの上限は10GB。例えば月に1GBの通信をする場合は150円+300円の450円、2GBの通信をする場合は150円+300円+450円の900円となります。

3GB目以降も、1GBごとに450円が加算されていく。チャージをしない月は150円のみが発生する。

チャージした分のデータ容量を超えると通信できなくなるが、チャージページへのアクセスは可能です。チャージした分のデータ容量は当月末までが有効期限となります。

【データプラン ゼロ(eSIM)の料金表】

初期費用3300円(税込)
月額料金165 円(税入)/月
追加データ量 1GB330 円 (税入)
追加データ量 2GB〜10GB495 円 (税入)
プロファイル再発行手数料0円

IIJmioのギガプランはeSIMプランはデータ専用のみで音声通話やSMS非対応ですが月額料金が2GBで440円(税込)と格安SIMの中でも突出した安さが特徴となっています。

2022年5月31日までに当サイトから新規契約でIIJmioのギガプランのデータSIM、SMS機能付きSIM・eSIMを申し込むと、初期費用3,300円(税込)が1,650円(税込)に割引されます。

IIJmio eSIM申し込みこちら

3位:LINEMO

LINEMOは、ソフトバンクの高品質な通信回線をそのまま利用しているプランです。そのため、キャリアの回線を借りて提供している格安SIMよりも、通信速度が安定しています。

提供エリアもソフトバンクと同じなので、全国幅広いエリアに対応しています。

【3GBのeSIM対応格安SIMを比較】

eSIM対応格安SIM料金(税込)データ容量対応SIM
IIJmio1485円3GB・データSIM
LINEMO990円3GB・音声対応SIM
ahamo2,970円20GB・音声対応SIM
UQモバイル1,628円3GB・音声対応SIM
楽天モバイル1,078円3GB
・音声対応SIM
ワイモバイル2,178円3GB・音声対応SIM
povo2.0990円
3GB・音声対応SIM
リンクスメイト902円3GB・音声対応SIM

LINEMOではeSIMに対応しています。

LINEMOはパソコン・タブレットからeSIMは選択できません。カメラ機能を搭載したスマートフォンからアクセスしてください。

LINEMOでは、「ミニプラン(3GB)」「スマホプラン(20GB)」の選択が可能です。

月額990円で月間3GBまで使える「ミニプラン」で万が一、容量が足りない場合は契約者向けの「My Menu」から1GBにつき月550円でチャージできるので、毎月6GB以内に収まるならスマホプランよりミニプランの方がおすすめです。

プランミニプランスマホプラン
データ容量3GB20GB
月額基本料(税込)990円2728円
LINEギガフリー対応対応
データ量超過後の通信速度300kbps1Mbps

LINEMOのeSIM申し込みこちら

4位:UQモバイル

UQモバイルは、2021年9月2日より、eSIMの対応開始しました。同日より、料金プランも「くりこしプラン」から「くりこしプラン +5G」へアップデートしています。

価格やデータ容量は変わらない状態で、4Gに加えて5Gの高速通信にも対応できるようになりました。

eSIMは「くりこしプラン +5G」でのみご利用いただけます。

「くりこしプラン」「スマホプラン」はeSIM対応不可となるため、希望する際は変更手続きします。

 くりこしプランS
+5G
くりこしプランM
+5G
くりこしプランL
+5G
基本月額料金1,628円(税込)/月2,728円(税込)/月3,828円(税込)/月
基本データ容量

3GB/月15GB/月25GB/月
通信方式4G/5G対応
※5Gは一部エリアでの提供です。
基本データ容量超過時
or
節約モード時
最大300Kbps最大1Mbps最大1Mbps
基本国内通話料税込22円/30秒(SMS通信料税込3.3円/通(70文字以内))

UQモバイル公式限定ページ申し込みはこちら

5位:楽天モバイル

楽天モバイルでは、「Rakuten UN-LIMIT VIプラン」でeSIMの契約が可能です。

楽天モバイルを既に利用している人も、eSIMやnanoSIMカードの交換・再発行が、2020年10月12日午前9時より手数料が無料です。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵは、1GBまでのデータ使用量であれば0円、通話もRakuten Linkというアプリを使うことで、24時間何回電話をかけても無料になります。

1GBまでに抑えて、電話はアプリを使えば楽天モバイルの月額料金は無料になります。

Rakuten UN-LIMIT VI1GBまで3GBまで20GBまで20GB以上
4G通信(税込)0円1,078円2,178円 3,278円
5G通信(税込)
0円1,078円 2,178円 3,278円

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」の特徴は、楽天回線エリアは高速でデータ無制限です。楽天回線エリア外は最大1Mbpsで使い放題です。

楽天モバイルeSIM申し込みはこちら

6位:ワイモバイル

ワイモバイルは2021年3月17日から、eSIMに対応開始しました。eSIMでも物理SIMでも料金プランは変わりません。

現在ワイモバイルが新規で受け付けているプランは「シンプルS/M/L」のみとなります。

「シンプルS/M/L」に加入される際に、eSIMとUSIMカードのいずれかを選択できます。

なお、「シンプルS/M/L」および「スマホプラン」「スマホベーシックプラン」などの旧プランにすでに加入されているお客さまは、プランを変更することなく、USIMカードからeSIMに切り替えることが可能です。

新規契約する方以外、すでにワイモバイルを物理SIMカードで使っている方も、eSIMを利用することができます。

eSIMが契約できるのは、シンプルS/M/Lプランとなります。

プランSML
月額料金(税込)2178円3278円4158円
データ容量3GB15GB
25GB
速度制限時の通信速度最大300kbps最大1Mbps最大1Mbps

ワイモバイルeSIM申し込みこちら

7位:povo2.0

auの「povo2.0(ポヴォ)」はeSIMに対応しています。

「povo2.0」は基本料0円で、データ通信は使いたいときに使いたい容量を、都度トッピングするスタイルです。

1GB/390円から利用できますが、利用期限は月単位ではなく、例えば1GBなら7日間など、トッピングする容量によって異なる仕組みとなっています。

選べるトッピング料金(税込) 有効期間
1GB390円7日間
3GB990円30日間
20GB2,700円30日間
60GB6,490円90日間
150GB12,980円180日間
データ使い放題330円24時間

povo eSIM申し込みはこちら

8位:LinksMate(リンクスメイト)

月額料金・データSIM:165円~
・SMS+データ通信:297円~
・音声通話+SMS+データ通信:517円~
月間利用可能データ容量100MB~1TB
利用可能データ容量超過後速度プラン100MB〜18GB:200kbps
新プラン20GB〜:1Mbps
音声通話MatePhoneアプリから発信することで、国内通話料が11円/30秒(税込み)
ネットワーク・5G回線オプションあり:ドコモの5GエリアとXiエリア
・5G回線オプションなし:ドコモのXiエリアとFOMAエリア
利用可能データ容量の追加◆データ通信容量+100MB:88円/1回
◆データ通信容量+1GB:550円/1回
かけ放題オプション10分かけ放題オプションは、10分以内の通話なら何度かけても国内通話料が無料になるサービスとなります。
※935円/月額

LinksMateのeSIM申し込みはこちら

eSIMおすすめ格安SIMの特徴

eSIM対応していない格安SIM

eSIMは現在普及中のサービスなので、対応していない格安SIMもあります。

乗り換え手続きをしてから、対応していないことに気づいたのでは遅いため、事前に確認しておきましょう。

eSIM未対応料金(音声対応SIM)データ容量
OCNモバイルONE550円~1,760円500MB~10GB
トーンモバイル1,100円無制限
DTI SIM1,320円~3,080円1GB~10GB
b-mobile2,178円~3,058円3GB~無制限
y.u mobile1,070円~4,170円5GB~20GB
NUROモバイル792円~1,485円3GB~8GB
LIBMO 980円~2,728円
3GB~30GB
BIGLOBEモバイル 1,078円~8,195円1GB~30GB
エキサイトモバイル880 円~3,245 円3GB~25GB
NifMo1,760円~6,050円3GB~50GB
J:COM MOBILE 1,078円~2,728円5GB~30GB
QTモバイル 1,100円~3,300円2GB~30GB
イオンモバイル 803円~6,358円0.5GB~50GB
HISモバイル 590円~1,790円1GB~10GB

「データ専用SIM」「SMS対応SIM」対応は?

eSIM対応の格安SIMで、「データ専用SIM」に対応しているのは、IIJmioです。「データ専用SIM」「SMS対応SIM」両方に対応しているのは、リンクスメイトです。

その他のeSIM対応の格安SIMは「音声対応SIM」のみとなります。

eSIMランキング対応SIM
IIJmio・データSIM
LINEMO・音声対応SIM
ahamo・音声対応SIM
UQモバイル・音声対応SIM
楽天モバイル・音声対応SIM
ワイモバイル・音声対応SIM
povo2.0・音声対応SIM
リンクスメイト・音声対応SIM
・SMS+データSIM
・データSIM

対応エリア

格安SIMは大手携帯電話会社から回線を借りて通信を行っています。

ドコモから回線を借りて、通信をするプランを「ドコモ回線」、
ソフトバンクから回線を借りて、通信をするプランを「ソフトバンク回線」、
auから回線を借りて、通信をするプランを「au回線」、

という言い方をします。

楽天モバイルは楽天回線エリアとauのパートナー回線エリアで使えます。

eSIM格安SIM対応エリア
IIJmio・タイプD:ドコモの3G/4G/5G
・タイプA:auの4G LTE・5G
LINEMOSoftBank 4G・5G
ahamoドコモの4G/5G
UQモバイルauの4G LTE・5G
楽天モバイル・楽天回線
・パートナー回線(au回線)
ワイモバイルSoftBank 4G・5G
povo2.0auの4G LTE・5G
リンクスメイト・5G回線オプションあり:ドコモの5GエリアとXiエリア
・5G回線オプションなし:ドコモのXiエリアとFOMAエリア

eSIM最安は「IIJmio」「楽天モバイル」

IIJmioの新料金プラン「ギガプラン」はeSIMの中でも最安と言えます。データSIM専用プランとなっており、音声通話やSMSの利用は不可のプランとなります。

eSIMでデータ通信のみを利用して大容量使いたい人にとっては魅力的なプランとなります。

ギガプランはSIMの種類が豊富で、容量毎の料金設定がとにかく安いです。

抑えて登場したギガプラン。eSIMだと、データ通信容量上限20GBのプランが月額税別1500円で使えます。

楽天モバイルの魅力は、データ通信が1GBまでなら月額料金は「0円」ってところです。そしてRakuten Linkアプリを使えば国内通話料金は無料です。

電話かけ放題のスマートフォンを月額料金0円で維持可能なので、1GBまでしか利用しないなら楽天モバイルが最安です。

Rakuten UN-LIMITⅥは1GBまで月額0円と安いのですが落とし穴もあります。1GB以上使うと月額料金が発生してしまいます。

1GB到達時点+1,078(税込)、以後3GB到達で+1,100円(税込)、20GBでさらに+1,100円(税込)と、1,100円ずつ増額されます。

つまり、データ容量を使えば使うほどにお得とは言えない料金となっていきます。データ容量をうっかり消費してしまうような使い方をするならIIJmioの大容量プランを選択した方が安く済みます。