ドコモahamo(アハモ)海外利用料金|通話料・パケット料

ドコモahamo(アハモ)海外でネット利用はできる?

ドコモahamo(アハモ)は、20GBの月間データ容量で、海外82の国々・地域で追加料金なくご利用いただくことができます。

利用できる海外82の国々・地域

月間容量20GBの範囲内であれば追加料金なしで高速通信できます。

主要な国・地域は問題なく利用できます。

NTTドコモの国際ローミングサービス「WORLD WING」では200以上の国・地域で国際ローミングサービスの利用が可能ですが、ahamoでは現時点で82の国・地域のみで国際ローミングが提供されるため、使える国や地域が大きく減っています。

ドコモahamo(アハモ)海外でそのまま利用できる?

ドコモahamo(アハモ)は、、渡航先でも面倒な手続きなく、各種インターネットサービスを利用可能で、海外でSIM交換が必要ありません。

普段使っているスマートフォンにSIMを挿入した状態で、海外に持っていき、「電話」「ネット」が使えます。

SIMの入れ替えや、入れ替え時は電源をオフにするなどの手間がありません。

海外現地のSIMカードを利用するわけではありませんので、出国までに持っていくドコモ機種のSIMロック解除のお手続きは不要です。

ドコモahamo(アハモ)海外は利用日数制限あり

ドコモahamo(アハモ)を15日を超えて長期間海外で利用される場合は、通信速度が制限されます。

15日というと約2週間の滞在です。それ以上の長期旅行は、ahamo(アハモ)の速度制限がかかる状態で使用することになります。

ドコモahamo(アハモ)のLTE通信は実効速度(実際に出るスピード)の平均が受信150Mbps、送信20Mbpsとなっています。

通信制限がかかると、通信制限速度は送受信時最大1Mbpsとなります。

通信速度が制限されますので、中長期の留学やビジネス出張では利用できないでしょう。

ドコモahamo(アハモ)海外で利用する方法

ドコモahamo(アハモ)を海外で利用する場合う、スマホのSIMロックを解除しておき、SIMを入れ替え、APN設定を行うという手間がありません。

データローミングをONにするだけで海外滞在中、現地の通信事業者のネットワークを利用して、日本のドコモの通信設備と接続し、データ通信を行うことができます。

データローミング が「オン」になっている場合、「電話」「SMS」「インターネット」「地図」「メール」「LINEなどのSNS」などが海外で利用できます。

データローミングが「オフ」になっている場合、「電話」「SMS」だけ海外で利用でき、「インターネット」「地図」「メール」「LINEなどのSNS」は海外で利用できません。

データローミングの設定方法

■iPhoneの場合
「設定」 ⇒ 「モバイル通信」 ⇒ 「通信のオプション」 ⇒ 「データローミング」

■Androidの場合
「設定」 ⇒ 「ネットワークとインターネット」 ⇒ 「モバイルネットワーク」 ⇒ 「データローミング」

ドコモahamo(アハモ)海外で規制はない?

海外諸国の中には、政府がネット規制をかけている国もあります。実例では、中国本土では国の規制によりLINE、instagram、twitter、Google、Facebook、YouTubeなど日本で親しんでいるAPP(アプリ)やサイトの多くが使えません。

GoogleやYahooの検索エンジンも使えないので、何も準備せずに丸腰で中国を訪れると使えません。

政府による規制は、ホテルや飲食店のWi-Fiのみならず、SIMやレンタルWi-Fiにまでおよびます。

国際ローミングを使うと、中国のインターネット規制を受けません。

ドコモahamo(アハモ)のローミングサービスは、もとから政府のネット規制を受けません。特別な設定もいらないので、誰にでも簡単に利用できます。

ドコモahamo(アハモ)契約者が中国でローミングをするときには、検閲サーバーに行くときに宛先は日本となっており、ドコモの通信サーバーに転送されます。

ですから、宛先のIPは規制対象となっていないため、ローミングなら検閲をされずに通信を行うことができます。

ローミングは中国以外の国で通信を行っている扱いなので、他国のネットまで検閲はできない、ということです。

ドコモahamo(アハモ)海外で通信容量節約できる?

ドコモahamo(アハモ)海外利用では月間20GBまでしか使えません。

データ通信量の多い動画サイトを視聴したり、高画質の写真をSNSに投稿したり、地図アプリとナビを組み合わせて大量のデータ通信をしたりすると、あっという間にデータ容量がなくなります。

データ容量を節約する為に機内モードをONにすると電波を発するすべての機能が無効になります。電源を落としたくはないが、通話や通信機能を切りたい場合に使うと良いでしょう。

ネットが不要で電話のみを利用したい場合は、データローミングをオフにしましょう。データローミング機能をオフにすると、日本から出た時点でスマホが「圏外」になります。

データローミング機能をオフにしても、通話とWi-Fiは使えます。緊急時でも受信発信ができ、Wi-Fiに接続すればインターネットも利用できます。

ドコモahamo(アハモ)海外通話料

ahamoでは現時点で82の国・地域のみで通話が可能です。

海外でドコモスマホを使って通話すると、こちらから発信した場合も通話料がかかりますが、かかってきた電話を受信した場合でも通話料がかかるため注意が必要です。

海外からの着信に応答すると高額な通話料が発生しますので、不要な折り返しの電話をしないようにしましょう。

通話料は検索できますので、事前に調べておきましょう。

通話料