ahamo(アハモ)ロング学割の併用は?ギガホ・ギガライトと比較しお得なのは?

ahamo(アハモ)学割は?

ahamo(アハモ)にて、ロング学割の提供はありません。今後、学割の新設があるかもしれませんが、今のところ予定はありません。

ahamo(アハモ)は既に安い料金となっておりますので、これ以上の割引はできないでしょう。

「ファミリー割引」「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」の3つは、ahamo(アハモ)で申し込みやカウント対象となるものの、ahamo(アハモ)契約者は割引できず、ドコモ既存プランの契約者が割引される形となっております。

ここから分かるように、ahamo(アハモ)ではドコモ従来割引のカウント対象や申し込み対象としてもahamo(アハモ)自体の割引は行わない方針なのです。

月間20GBで、5分かけ放題までつけて月額2700円(税込2970円)というのは、提供条件としては業界でも安く、ここから500円~1000円割引することは採算が合わなくなります。

※ahamoでは、キャリアメールなど⼀部ご利⽤できないサービスがあります。

※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。

ドコモロング学割とは?

料金プラン割引適用開始月から6か月間

割引適用開始月から7か月目以降

5Gギガホ3,500円/月 割引

1,000円/月 割引

ギガホ3,080円/月 割引

1,000円/月 割引

5Gギガライト
ギガライト
1,000円/月 割引
+2GBの利用可能データ追加
500円/月 割引
+2GBの利用可能データ追加

ドコモのロング学割は、MNP・新規契約、機種変更、契約変更で対象プラン(ギガホ・ギガライト・5Gギガホ・5Gギガライト)を契約者が対象です。

22歳以下の学生・子どもを利用者として登録すると、「U22特典」として、利用者が満23歳になる月まで毎月1000円または500円割り引き、加えて「+2GB特典」として、従量課金のギガライト・5Gギガライトについて1カ月当たり2GB、データ容量を増量します。

5Gギガホの場合、最初の6カ月間は利用料から2750円(税込)が、ギガホの場合は2288円が割り引かれ、以降は満23歳まで毎月1100円が割り引かれる。

5Gギガライトとギガライトの場合は満23歳まで毎月550円が割り引かれ、月に契約容量に加えて2GBが特典として付与される。

受付期間は2021年5月31日までとなっております。

対象者:利用者年齢が22歳以下の方
対象となるお手続き:機種変更、契約変更、新規契約、のりかえ(MNP)

ドコモロング学割のプラン特徴

ギガホ・5Gギガホ

blank

ギガホ・5Gギガホのインターネットの接続については、毎月30GBまでは速度制限なしで利用することができます。

オンライン学習などで動画をたくさん視聴する場合や、すぐに満23歳に達する場合におすすめです。

ギガライト・5Gギガライト

blank

ギガライト・5Gギガライトは毎月1GB〜7GBまで、使う容量数に応じて月額料金が変動するプランです。

したがって、ドコモのギガライトはできるだけ毎月のランニングコストを抑えたいという方や、容量数はそこまで必要ないという方におすすめのプランと言えます。

ahamo(アハモ)とロング学割のギガホ・ギガライトお得なのは?

22歳以下の学生は、学割を適用できないahamo(アハモ)と学割を適用できるギガホ・ギガライトどちらが良いかですが、使い方により異なります。

データ量3GB以下に抑えることができる場合は、断然にギガライトがお得です。

■ギガライト

blank

■5Gギガライト

blank

「5G ギガライト」「ギガライト」については、毎月500円の割引と 2GBのデータ増量を、22 歳までずっと継続します。

ギガライトの<ステップ1>~1GBの場合は、2GB増量で3GBとなります。期間限定特典で最初の 6 か月は月額500円が割引され、更に22歳までずっと学割で月額500円割引となり月額980円となります。

7ヵ月目から22歳までは、学割500円割引のみで月額1480円で利用できます。

■ギガホ

blank

■5Gギガホ

blank

ギガホの場合、60GB/月まで使えるキャンペーン実施中です。

期間限定特典として、初回適用月から最大6カ月、5Gギガホで毎月2500円、ギガホで毎月2080円、それぞれ割り引きます。

ギガホの場合は、「みんなドコモ割」3回線以上で1000円割引、ドコモ光セット割で1000円割引、dカードお支払割で170円割引の3つが併用できます。

ギガホ定期契約なし月額7,150円である場合、3つの割引を併用すると月額4980円になります。

5Gギガホ定期契約なし月額7,650円である場合、3つの割引を併用すると月5480円になります。

ギガホは月額4980円、5Gギガホは月額5480円から最大6カ月1000円割り引く「ギガホ割」「5Gギガホ割」も同時適用され、当初6カ月間、ギガホならわずか月額900円、5Gギガホなら月額980円で利用できます。

7か月目〜22歳までずーっとギガホなら月額3980円、5Gギガホなら月額4480円で利用できます。

7ヵ月目以降から22歳までギガホはahamo(アハモ)よりも割高ですが、データ容量が60GBとahamo(アハモ)の3倍利用できます。20GBで収まらない場合は、学割適用でギガホを選択した方が良いです。

ドコモのロング学割は割引併用も可能

ドコモの学割プランでは他のキャンペーンも併用可能です。

ギガホの場合は、「みんなドコモ割」3回線以上、ドコモ光セット割、dカードお支払割の3つが併用できます。

ギガホは月額7,150円しますが、22歳まで3,980円となるのは以下の割引をすべて満たしていた場合の表記です。

・みんなドコモ割3回線以上 (‐1,000円)
・ドコモ光セット割 (‐1,000円)
・dカードお支払い割 (‐170円)
・ドコモのロング学割 (‐1,000円)

上記の割引を全て入れると7,150-3,170=3,980という計算になります。

ギガライトの場合は、「みんなドコモ割」3回線以上、dカードお支払割の2つが併用できます。

ahamo(アハモ)の契約者条件は20歳以上

ahamo(アハモ)にご契約いただくことができるのは20歳以上の方に限ります。親権者の方にご契約いただき、20歳未満の方を利用者登録することは可能です。

ahamo(アハモ)に20歳未満の学生が申し込みたい場合は、親が契約者して利用者になるしかありません。

ドコモの学割対象(ギガホ・ギガライト・5Gギガホ・5Gギガライト)では、中学生(13歳)以上であれば本人名義で回線契約を締結できます。契約者が小学生以下の場合、親権者名義での契約となります。

13歳~20歳までの学生で自分名義で契約したい場合は、ahamo(アハモ)は向きません。