OCNモバイルONEでiPhoneプロファイルAPN設定方法

OCNモバイルONEでiPhoneを使う場合はAPN設定が必要

OCNモバイルONEのSIMカードをiPhoneに挿入してそのまま使えません。iPhoneのAPN設定で構成プロファイルが必要になります。

その構成プロファイルとは、iPhoneでOCNモバイルONEにMNPしたときのAPN設定で必要なファイルです。

iPhoneやiPadといったiOSで用いている各種設定が組み込まれたXML形式のファイル「構成プロファイル」になります。

Android端末には構成プロファイルはないので端末を使ってAPN設定を行います。プロファイル設定を行うのは、iPhoneとiPadのみとなります。

OCNモバイルONEでiPhoneのAPN設定とは?

iPhoneでOCNモバイルONEのモバイル通信でインターネット接続を使う場合、APN(アクセスポイント)の設定が必要です。

APN設定とは、iPhoneからインターネット通信するための接続情報です。APNは、各携帯キャリアが準備するインターネット接続サービスへのアクセスポイント情報のことです。

iPhoneでは、「設定>モバイルデータ通信」の設定のことです。ドコモなどのキャリアのSIMカードを差し込んだ場合には、APN設定は自動です。

OCNモバイルONEなどの格安SIMでiPhoneを使う場合に手動やプロファイルインストールで上書きする必要があります。

他社格安SIMからOCNモバイルONEへ乗り換えの場合、旧構成プロファイルの削除が必要

UQモバイルなどの他社格安SIMからOCNモバイルONEへ乗り換えする方は旧格安SIMの構成プロファイを削除する必要があります。

その理由は、UQモバイルなどの旧格安SIMの構成プロファイルが設定されている状態では、OCNモバイルONEの新しい構成プロファイルが設定できないからです。

ドコモやauなど大手キャリアのiPhoneをSIMロック解除して使う時や新しいSIMフリーiPhoneを使うときは、プロファイルが設定されていない状態となりますので、プロファイル削除する作業はありません。

ドコモなどの別のキャリアのプロファイルに新しいOCNモバイルONEのプロファイルを追加したり、上書きしたりは不可能です。

その為、一度削除して、新しいものをインストールすることになります。

iPhoneのプロファイルを削除する手順は以下の通りです。

  • iPhoneのホーム画面から「設定」→「一般」→「プロファイル」の順にタップ
  • iPhoneに既にインストールされているプロファイルが表示されたら、削除したいプロファイルをタップ
  • 画面下の「プロファイルを削除」確認画面で「削除」の順にタップすれば削除は完了です。

OCNモバイルONEのAPN設定となるiPhoneプロファイルとは?

iPhoneで使用するプロファイルは「XML形式」のファイルです。ここには各種情報が集約されています。

インターネット接続時の初期設定にプロファイルをインストールする理由は、アカウントやメールサーバーなどの設定も合わせてできるからです。

プロファイルは導入するとインターネットに接続する以外に、その他様々な設定が一括で行えます。

それぞれの設定を個別で行うのは労力がかかりますが。それを簡略化してまとめて行えるものが、プロファイルと言えます。

OCNモバイルONEでiPhoneプロファイル設定方法

Wi-Fi経由でOCNモバイルONEのプロファイルダウンロードページへアクセスし、プロファイルをダウンロード・設定します。

このとき、ダウンロードには必ずiPhoneの標準ブラウザ・Safari(サファリ)を使用しましょう。

OCNモバイルONEのプロファイルは、「新コース」「新コース以外」で異なります。

インストールが完了したら「完了」ボタンをタップします。これで設定は完了です。モバイルデータ通信をご利用いただけます。

OCNモバイルONEでiPhone対応機種は?

OCNモバイルONEでiPhoneを使う場合、全てSIMカードサイズはnanoSIMで利用可能です。

ドコモのiPhone

OCNモバイルONEは、ドコモ回線を利用した格安SIMとなりますので、SIMロック解除なしでそのまま使うことができます。

ドコモiPhoneは動作する全ての機種がSIMロック解除が不要です。

「iPhone 5s」「iPhone 5c」だけテザリングができませんが、それ以降の機種は全て「通話」「通信」「SMS」「テザリング」が可能となっております。

端末名通話データ通信SMSデザリングSIMロック解除
iPhone 5c不要
iPhone 5s不要
iPhone 6 不要
iPhone 6 Plus不要
iPhone 6s 不要
iPhone 6s Plus 不要
iPhone SE不要
iPhone 7 不要
iPhone 7 Plus不要
iPhone 8不要
iPhone 8 Plus不要
iPhone X 不要
iPhone XS 不要
iPhone XS Max不要
iPhone XR不要
iPhone 11 不要
iPhone 11 Pro不要
iPhone 11 Pro Max不要
iPhone12 不要
iPhone12 Pro不要
iPhone12 Pro Max不要
iPhone12 mini不要

auのiPhone

auで購入したiPhoneには、ドコモ回線で使う場合はSIMロック解除が必要です。

また、auのiPhoneで動作確認できている端末は非常に少なくなります。

端末名通話データ通信SMSデザリングSIMロック解除
iPhone SE
必要
iPhone 6s必要
iPhone 7必要
iPhone 8必要
iPhone 11 Pro必要

auのiPhoneにOCNモバイルONEのSIMカードを挿入する場合、最も問題になるのは対応周波数帯の少なさです。

世界的には端末側の多バンド対応が当たり前の時代になった中、auのiPhoneは対応周波数が少ないままです。

ドコモの周波数の多くは掴めない不利な条件となります。ドコモがエリアの穴を塞ぐのに多用している800MHzのLTE B19やB21はau端末では使えません。

auのiphoneは、一部の周波数帯がドコモと共通なので、SIMロックを解除すれば、仕様上はドコモ系の格安SIMであるOCNモバイルONEは利用できますが、対応端末も少ないことからドコモ端末をお勧めします。

ソフトバンクのiPhone

ソフトバンクで購入したiPhoneには、ドコモ回線で使う場合はSIMロック解除が必要です。

また、ソフトバンクのiPhoneで動作確認できている端末は3機種と3キャリアでもっとも少なくなります。

端末名通話データ通信SMSデザリングSIMロック解除
iPhone SE
必要
iPhone 6s必要
iPhone 7必要

ソフトバンクのiPhoneは、一部の周波数帯がドコモと共通なので、SIMロックを解除すれば、仕様上はドコモ系の格安SIMであるOCNモバイルONEは利用できます。

ソフトバンクも、ドコモと同じBand 1と3に対応したスマートフォンがほとんどなので、SIMロックを解除すれば、仕様上はドコモ系格安SIMは使用できます。

SIMフリーのiPhone

iPhoneのSIMフリー機種は、ドコモの周波数帯に最適化された仕様になっています。au端末やソフトバンク端末よりもSIMフリー端末が断然にお勧めです。

端末名通話データ通信SMSデザリングSIMロック解除
iPhone 4 不要
iPhone 4s不要
iPhone 5不要
iPhone 5c不要
iPhone 5s 不要
iPhone 6不要
iPhone 6s不要
iPhone 6 Plus不要
iPhone 6s Plus不要
iPhone 7不要
iPhone 7 Plus不要
iPhone 8不要
iPhone SE不要
iPhone X不要
iPhone XS不要
iPhone XS Max不要
iPhone XR不要
iPhone 11 不要
iPhone11 Pro不要
iPhone11 Pro Max不要
iPhone SE2不要
iPhone12不要
iPhone12 Pro不要
iPhone12 Pro Max不要
iPhone12 mini不要

ただし、SIMフリースマホは機種によって対応する周波数帯が異なります。

LTEの「Band1」「Band19」に対応するモデルであれば、より広いエリアでLTEの電波をつかむことができます。

逆に、これらの周波数帯に対応しないモデルの場合は、利用環境にもよりますが、地方などではつながりにくいです。