ahamo店舗店頭サポートは?ドコモショップ対応は?

ahamo店舗契約は?

ahamoの契約は、「オンライン」店舗での「ahamo WEBお申込みサポート」で可能です。

【ahamo契約:オンラインと店舗の違い】

 オンライン店舗
契約手続き場所どこでも自由
(自宅・勤務先など)
ドコモショップ
申し込み画面ahamo公式
webサイト
ahamo公式
webサイト
申込み操作自分自分
サポートあり
サポート料金1回3300円(税込)

店舗契約といっても、お客様ご自身のスマホ画面で申し込み操作し、店員がアドバイスする形です。

スタッフがahamoでの申し込みや手続きに関する操作画面を見て、必要に応じて操作の仕方を案内するものになります。

オンライン契約

「オンライン」は新規契約の手続きを専用のWEBサイトで自分1人で行います。

契約後も、専用のアプリでデータ利用量や料金の確認、各種お手続きなどができます。

また、操作やサービスについて不明なことがあれば、WEBサイトで簡単に調べることができ、チャットでのお問合わせもサポートされるので、安心してご利用できます。

店舗契約

「店舗契約」は、ドコモショップにてお申込み時の端末操作はお客さまご自身で実施いただきます。

お手続きの補助を行うスタッフはお客さまの端末操作画面を拝見し、必要に応じて操作のご案内を行います。

お客様が主体でオンライン画面を操作し、その画面をスタッフが確認して案内をしていく形となります。

サポートを受けるので1回3300円(税込)かかります。

※ahamoでは、キャリアメールなど⼀部ご利⽤できないサービスがあります。

ahamoチャットサポートについて

ahamoご契約後のご相談は専用チャットをご利用頂くこととなります。

ahamoに関するお問い合わせに、専用オペレーターがお答えします。スマホやパソコンからチャットで簡単にご質問になれます。

ahamoのチャットは完全無料にて質問に答えてもらえます。

受付時間

 午前9時~午後8時(年中無休)

ahamoチャットはこちら

ahamoはドコモインフォメーションセンターでは問い合わせを受け付けておりません。

その代わり、ドコモショップでは有償サポートをしており、ご希望の場合は3300円税込みの「ahamo WEBお手続きサポート」をご利用ください。

ahamoチャットは無料サポートということもあり、問い合わせが殺到し大変混み合っております。

待てないお客様はドコモショップの有料サポートをご利用下さい。

ahamo契約後に店舗サポートは?

ahamoは、ドコモショップなど店舗でのサポートは有償にて受けらます。

ahamoオンラインで契約した場合でも、店舗の有償サポートを受けられます。

店舗にて無料サポートをしていないのは、店舗におけるコストを省くことで、安い料金を実現したからです。

NTTドコモの販売店に負担をかけないことによってahamoは低価格を実現しています。

ahamoがドコモ販売店に負担をかけると、ドコモ販売店側はタダ働きになりかねません。その為、ドコモショップ店員の負担をなくすために無料では店舗サポートは行っておりません。

ドコモショップは、スマホを売ったり、通信契約を獲得したりすることで携帯会社から得る手数料を主な収入源としています。

ネット経由でahamoを契約したユーザーを店舗が無料でサポートしても収入にはなりませんので、店舗側のメリットがありません。

ahamo有料サポート内容

オンライン手続きプランの「ahamo」は、ドコモショップにおいて有料の「ahamo WEBお申込みサポート」「ahamo WEBお手続きサポート」を実施しています。

本サポートは、ドコモショップにおいて、お客さまご自身によるahamoサイトでのお手続きをお手伝いさせていただくものです。

サービス名称ご利用料金サポート内容
ahamo WEBお申込みサポート 3,300円(税込) ahamoの新規ご契約、他社からのおのりかえ、ドコモのギガプラン等からの料金プラン変更のお申込みをサポート
ahamo WEBお手続きサポート 3,300円(税込) ahamoご契約後の各種お手続きのお申込みをサポート

「ahamo WEBお申込みサポート」と「ahamo WEBお手続きサポート」を組み合わせて受付する場合、それぞれのサポート料3300円(税込)ずつが必要となりますので、合計6600円(税込)がかかります。

【有償サポート対象】

  • 新規契約
  • 各種変更
  • 故障(無料対応)
  • 機種変更

店舗サポート手続き手順

  • サポートを受けるドコモショップを選ぶ
  • 来店予約をする
  • 予約日時に遅刻しないように行く
  • 来店予約して有償サポートを受けたい旨伝える
  • 自分のスマホでahamo公式サイトを開き手続きを始める
  • 店員が操作の指示をする
  • 手続きが完了したら3300円(税込)サポート費用を店舗で支払う

お申込み時の操作について

「ahamo WEBお申込みサポート」と「ahamo WEBお手続きサポート」どちらもお申込み時の端末操作はお客さまご自身で実施いただきます。

お手続きの補助を行うスタッフはお客さまの端末操作画面を拝見し、必要に応じて操作のご案内を行います。

お客様が主体でオンライン画面を操作し、その画面をスタッフが確認して案内をしていく形となります。

「ahamo WEBお申込みサポート」は確実に契約を約束できない

「ahamo WEBお申込みサポート」はahamo契約をサポートするものですが、ahamo契約には審査があり、ご契約の成立をお約束するものではありません。

「ahamo WEBお申込みサポート」を利用して申し込みしても、お客様の過去に滞納や強制解約や即時解約などの問題がある場合は審査に落ちてahamoを契約できません。

修理受付は無料対応

ahamoは各種お手続きをオンラインにて受付するプランですが、「故障に関するお手続き」について、緊急の通信環境確保の観点など即時対応のご要望が多いことからドコモショップでの修理受付(無料)を実施しています。

端末の故障時は、店舗にて無料対応します。

対応が無料というだけで、修理代金は機種やご加入の補償サービス、修理の内容によって異なり、別途かかります。

店舗サポートの対象店舗

ahamo専用ショップはありません。全国のドコモショップならどこでもサポートを受けられます。

店員はあくまでもドコモの店員なので、ahamo専門ではありません。店員により知識が欠けている可能性はあります。

ドコモショップ検索

店舗契約は事前に来店予約必要

ドコモショップで「ahamo WEBお申込みサポート」や「ahamo WEBお手続きサポート」などのサポートを受けたい場合、事前に来店予約が必要です。

来店予約をすることで、「予約優先案内」されるので、混雑時でも待ち時間が短縮されます。ご来店の際、お近くのスタッフに予約したことをお伝えください。

故障などの緊急度の高いご用件や、店頭での商品・サービスのご体験は来店予約なしでもご利用になれます。

来店予約はこちら

店舗契約に必要な費用

店舗契約の場合、申し込み時に3300円(税込)の手数料を支払います。

その他、契約事務手数料 3,300円(税込)はかかりません。

ahamoでは、 以下の手数料がすべて無料となっております。

  • SIMカード発行手数料
  • 配送料
  • MNP転出料
  • 違約金

手続きに関して費用の発生はありません。

ahamoの店舗サポートとドコモの店舗契約は何が違う?

ahamoの店舗サポートとドコモの店舗契約は大きく違います。

 ahamoドコモ
契約場所ドコモショップドコモショップ
申込み操作自分のスマホショップのパソコン・タブレット
手続き操作する人自分(お客様)
店員は画面を見て指示
店員

ドコモを店舗契約する場合、プランやオプション、契約者情報の登録などの業務は全てスタッフが行います。

ahamoの店舗サポートは、基本的に自分のスマホで操作して申し込む形となっています。

ドコモショップの店員は、「個人情報保護の観点からお客様のスマホを操作してはいけない」という規定があります。

そのため、スタッフはあくまでahamoで契約の申し込み・情報変更等の手続きを行うユーザーが操作をするのを見ながら、手順を説明することしかできません。

契約や変更手続きの代行サービスではない点が大きく異なります。

ドコモ店員に過度な期待は厳禁

ドコモショップはそもそもドコモ専門であり、ahamoは専門ではありません。

ドコモ店員はahamoの基本的な知識はありますが、細かいことに関する知識は持ち合わせておりません。

スタッフはahamo契約や変更手続きにおいて最低限必要な操作方法を教えるだけで、説明責任はなく、ahamoの契約内容などに関する重要事項は全てユーザー自身が確認するものとなっています。

契約後や変更手続き後にクレームを出しても、ドコモの店員に責任は負えないものとなっております。

審査に落ちても店員に責任はなし

ahamoで店舗サポート契約後はドコモにて審査があります。

店舗サポートを利用して操作説明を聞きながら手続きしても、必ずしも審査に通る保証はありません。

手続き操作に不備がなかったとしても、お客様側の過去の履歴「滞納や強制解約や短期解約を繰り返す」などブラックリストに入っていた場合、審査に落ちます。

もし、審査に落ちたとしても店舗サポートで支払った3300円(税込)は返金されることはありません。

再度、契約にチャレンジした場合、また3300円(税込)の店舗サポート費用が請求されます。

店舗サポートは最後の手段

ahamoの店舗サポートはユーザーの要望が多いため、急遽無理をして作ったものです。

UQモバイルのように、専門ショップがあり、無料で契約手続きをすべて行ってくれるものとは、わけが違います。

ahamoはスタッフが契約や情報変更の手続きを代行してくれるわけではなく、あくまでスタッフの説明を聞きながら自分が操作します。

それで、1回あたり3,300円支払うというものなので、対価としては割高です。

ahamoの契約や変更手続き方法を周囲の友人や家族などに聞けるなら、その方が良いでしょう。

高齢者の方で周囲に頼る人がいない場合は、店舗サポートを活用するしかないでしょう。

ahamo店舗契約に必要なもの

新しくahamoにお申込みになる場合の手続きに、必要なものをご案内いたします。

本人確認書類

ahamo契約時に現住所記載の本人確認書類が必要です。

  • 運転免許証(都道府県公安委員会発行のもの。国際運転免許証除く)
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳(障がい者手帳)
  • 療育手帳

いずれか1点が必要となります。

本人確認書類が「運転免許証」「マイナンバーカード(個人番号カード)」「身体障がい者手帳」「精神障がい者保健福祉手帳(障がい者手帳)」「療育手帳」の場合、お支払い手続き方法にかかわらず補助書類が不要となります。

運転免許証、マイナンバーカード(個人番号カード)、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳(障がい者手帳)、療育手帳をお持ちでない場合、下記の書類をお持ちください。

  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード(顔写真があるもの)
  • 在留カード+外国発行パスポートのいずれかと、補助書類をご準備ください。
  • 在留カードの場合で、在留資格が「永住者」の場合は、外国発行パスポートは不要です。

「健康保険証」「住民基本台帳カード」「在留カード+外国発行パスポート」は、クレジットカードでお支払いの手続きをされる場合、補助書類は不要です。

キャッシュカードでお支払いの手続きをされる場合、「住民基本台帳カード」「在留カード+外国発行パスポート」は、補助書類は不要です。

「健康保険証」の場合はキャッシュカードでお支払いの手続きをされる場合、補助書類が必要です。

ahamo(アハモ)契約時に必要な補助書類

下記いずれかをご用意ください。

【公共料金領収証】

  • 固定・携帯電話
  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • NHK

発行日から3か月以内で、現住所が記載されており、ご契約者名義のものに限ります。

電気・都市ガス・水道などの領収印がある領収書、または発行日(口座引落し日)の記載がある口座振替済通知書に限ります。

  • 住所、氏名、領収印、領収日が記載されているもの(口座振替でも可)
  • 住所はアパート名、部屋番号まで明記されているもの。
  • コピーでは受け付けできません。
  • お申込みのご住所にお客さまがお住まいであることを確認させていただくための資料です。電気、固定電話、水道、NHKのいずれかの領収書等の原本を送付してください。

  • 補助資料としてご利用になる領収証に現住所の記載がなく、請求書に記載がある場合は、領収証の原本と請求書のコピーをセットでお送りください。

【住民票】

発行日から3か月以内かつ、現住所記載のもので「マイナンバー(個人番号)」が印字されていないものに限ります。

マイナンバー(個人番号)の記載された画像がアップロードされた場合、ドコモ社にてデータ破棄の上、再度ご提出を依頼いたします。

クレジットカードまたはキャッシュカード

お支払いにクレジットカードまたはキャッシュカードが必要です。

ahamoお手続きページで、毎月のお支払いにご利用可能なクレジットカード会社は下記の通りです。

クレジットカード会社名締め日支払い日
dカード毎月15日締め翌月10日払い
UCカード毎月10日締め翌月5日払い
JCBカード毎月15日締め翌月10日払い
MUFGカード毎月15日締め翌月10日払い
DCカード毎月15日締め翌月10日払い
NICOSカード毎月5日締め当月27日払い
三井住友カード毎月15日締め翌月10日払い
アメリカン・エキスプレスカード会員で個別に設定
ダイナーズクラブカード毎月15日締め翌月10日払い
セゾンカード毎月10日締め翌月4日払い
セディナカード毎月末締め翌月27日払い
オリコカード毎月末締め翌月27日払い
楽天カード毎月末締め翌月27日払い
イオンカード毎月10日締め翌月2日払い

ahamoの口座振替は都市銀行、地方銀行、信用組合、その他(ネット銀行等)に幅広く対応しています。

ahamo利用可能な金融機関はこちら

dアカウント

ahamoで契約する場合、dアカウントは必須です。メールアドレスさえあれば無料で発行出来るので、事前にアカウント発行しておきましょう。

dアカウントは申し込み途中で取得する案内があり、その場面で発行しても問題ありませんが、事前に取得している方が手続きがスムーズに進むのでおすすめです。

dアカウントとは、スマートフォン、タブレット、パソコンなどでdアカウント対応のサービスやdポイントを利用するときに必要なお客様IDです。

ドコモの契約の有無にかかわらず、どなたでも無料でお作り頂けます。

dアカウントの作成はこちら

MNP予約番号

ドコモ以外の携帯電話会社の電話番号をahamoで使いたい場合は、MNPの手続きが必要です。

ドコモからahamoに乗り換える場合はMNP予約番号の発行は必要ありません。プラン変更のみで完結するので短時間で簡単に手続きを済ませることができます。

MNP予約番号は、電話番号を引き継ぐとき必要な10桁の数字です。

このMNP予約番号はお申し込み時に必要となるため、必ず準備してください。

キャリアでMNP予約番号を取得する方法は以下のとおりです。

キャリア電話で取得する場合webで取得する場合
au0077-75470
(午前9時~午後8時)
●携帯電話(午前9時~午後8時)
[Ezweb TOP]→[auお客様サポート]→[申し込む/変更する]→[携帯電話番号ポータビリティ(MNP)]

●スマートフォン・パソコン(午前9時~午後8時)
[My au TOP]→[スマートフォン・携帯電話]→[ご契約内容/手続き]→[お問い合わせ/お手続き]→[MNPご予約]
ソフトバンク*5533
(ソフトバンク携帯電話から)
または
088−100−5533
(一般電話などから)
(午前9時~午後8時)
●携帯電話(午前9時~午後8時)
[Yahoo!ケータイ TOP]→[設定・申込(My SoftBank)]→[各種変更手続き]→[MNP予約関連手続き]

●スマートフォン・パソコン(午前9時~午後8時)
[ソフトバンクホームページ]→[スマートフォン・携帯電話]→[サポート]→[料金・ご契約関連]→[ご契約内容の確認・変更]→[解約・休止のお手続きについて]→[解約・MNPで他社へ変更する]→[MNP転出・解約を希望されるお客さま]→[My Softbankでお手続き]
楽天モバイル050-5434-4653
(午前9時~午後8時
●携帯電話(午前9時~午後8時)
[Yahoo!ケータイ TOP]→[設定・申込(My SoftBank)]→[各種変更手続き]→[MNP予約関連手続き]

●my 楽天モバイル(24時間対応)
[TOP]→画面右上の三本線メニュー→[my 楽天モバイル]→[契約プラン]→[各種手続き]→[他社への乗り換え(MNP予約番号取得)]

ahamoはMNP予約番号の有効期限が10日以上残っていなくてはなりません。つまり、MNP予約番号を取得してから5日以上経過すると、申し込みしても審査落ちしてしまいます。

もし、MNP予約番号が10日以上残っていない場合は再発行をお願いします。

キャリア以外のメールアドレス

お知らせや大事な連絡を受信するために、メールアドレスを用意する必要があります。

@docomo.ne.jpや@softbank.ne.jpなどの携帯電話会社のメールアドレスは解約の際に利用できなくなるので、キャリアに依存していないメールアドレスが必要です。

Gmailやヤフーメールなどのメールアドレスをご準備ください。

ahamo契約後に電話サポートは?

ahamoユーザーは、ドコモインフォメーションセンター(電話窓口)を利用できません。

ahamoで分からないことがあった場合は、web上の「よくある質問」を確認して調べるか、チャットにて質問することになります。

よくある質問はこちら

このチャットではカスタマーが返答しますので、適切な回答が得られます。

ahamo店舗サポート有償で高齢者は契約する?

ahamoは、スマホに詳しく、設定などをすべて自力で出来る、ヘビーユーザーにとっては極めて魅力的なプランとなります。

一方で、店舗でのサポートを期待してドコモを契約している高齢者を中心とした顧客層は、ahamoでは店舗サポートが有償で受けることになりますので、無料ではない点に不便を感じて、契約しにくいでしょう。

ahamoへのシフトはスマホの設定が自力で完結できる層と限定的となる可能性もあります。