ahamoは、いつでもカエドキプログラム適用できる?

ahamo公式サイトで「端末セット契約」「機種変更」する場合、いつでもカエドキプログラムは適用できません。

ahamo契約者が、ドコモオンラインショップで機種変更する場合は、いつでもカエドキプログラムが適用できます。

いつでもカエドキプログラム対象機種は、「iPhone13シリーズ」「Galaxy Z Fold3 5G」「Galaxy Z Flip3 5G」となっております。

その他の機種をドコモオンラインショップで機種変更する場合、スマホおかえしプログラムが適用できます。

いつでもカエドキプログラムとは

いつでもカエドキプログラムは、2021年9月24日から提供開始された新しいサービスです。

これは「24回払いで購入、購入から23カ月目までにスマホをドコモへ返却すると24回目の支払いが不要になる」というものです。

24回目の支払いが残価として設定された価格となりますが、これは機種ごとに異なります。

現時点での機種では、「Galaxy Z Fold 3」は23万7600円という価格に対して、残価は9万40円。つまり約37%が残価ということになります。そして「Galaxy Z Flip3の残価率は約40%です。

iPhone 13シリーズの販売価格からすると、残価額は、端末価格の約49%になっています。

残価として設定された金額も、購入した端末であれば本来ユーザーが支払うべきものですが、ドコモへ端末を返却することで免除されます。

つまりユーザーは1回目~23回目までの支払いで済みます。

いつでもカエドキプログラム計算方式

いつでもカエドキプログラム計算方式は以下になります。

端末代金-残価(2年後の価値)=残りの価格を23分割

残価というのは、ドコモで販売される端末の2年後の価値を意味します。残価は端末により異なります。

iPhoneは、ブランドとしての価値が非常に高いので、価値が下がりにくい傾向にありますので、残価が高めに設定されています。

ドコモで販売している「iPhone 13(128GB)」の価格は、111,672円(税入)です。購入から23カ月目までにスマホをドコモへ返却した場合の計算方式は以下です。

端末代111,672円-残価(55,440円)=56,232円

56,232円÷23=2,444円/月

「iPhone 13(128GB)」を23か月目までに返却した場合、月額2,444円の支払いとなります。

「1~22カ月目」までにスマホを返却すると早期特典がついて、600円/月が割引されます。

月額2,444円-早期特典(600円)=1,844円

「早期利用特典」として、本プログラムの利用申込みをされた翌月~23回目までの分割支払金から定めた額を毎月割引します。

「iPhone 13(128GB)」の早期特典割引は毎月600円なので、翌月~23回目まで1,844円で利用できます。

12カ月目に返却する場合、それ以降、早期特典で600円ずつお得になります。端末を返却して13カ月目~24カ月目の間も支払いは続くことになりますが、月額1,844となります。

対象機種

「いつでもカエドキプログラム」はまだ提供開始したばかりで「iPhone 13」シリーズと「「Galaxy Z Fold3 5G」「Galaxy Z Flip3 5G」のみですが、今後発売されるスマートフォンなどで購入に利用できる新端末購入プログラムとなります。

発売済機種は対象外で、発売済機種はこれまで通りの「スマホおかえしプログラム」を利用できます。

iPhone

機種名容量24回目の分割支払金/残価額早期利用特典(/月)
iPhone 13 mini 128GB48,840円500円
256GB59,400円500円
512GB73,920円700円
iPhone 13128GB55,440円600円
256GB62,040円700円
512GB80,520円900円
iPhone 13 Pro Max128GB80,520円900円
256GB89,760円1100円
512GB104,280円1300円
1TB118,800円1500円
iPhone 13 Pro 128GB69,960円 900円
256GB80,520円900円
512GB96,360円1200円
1TB110,880円1400円

ドコモ スマートフォン

機種名24回目の分割支払金/残価額早期利用特典(/月)
Galaxy Z Flip3 5G SC-54B60,720円800円
Galaxy Z Fold3 5G SC-55B 95,040円 1200円

早期特典とは

「いつでもカエドキプログラム」では「早期特典」という特徴的な仕様があります。

1カ月目以降に端末を返却すると、「24カ月目の残価支払い免除」に加えて「1~22カ月目の支払額が割り引かれる」というものです。

これを「早期利用特典」と言います。

残価設定とは

残価というのは、ドコモで販売される端末の2年後の価値を意味します。残価は端末により異なります。

未来の市場価格などを想定しながら、それぞれの価値や、他社の状況、お客様のニーズなどに応じて、(残価を)設定しています。

残価は個別設定となりましたので、従来の「スマホおかえしプログラム」では、36回払いのうち12回分、33%の還元以上に設定もできるようになりました。

プログラム加入時受付窓口

ahamo契約者は、ドコモショップ、ドコモ取扱い店舗では、機種変更ができません。ドコモオンラインショップで機種変更時に加入することになります。

「いつでもカエドキプログラム」自体は、ドコモ回線を持たないユーザーでも、プログラムを利用できます。

端末単体で購入する場合の支払い方法は、口座振替またはdカードとなります。端末単体購入ならドコモショップで加入ができます。

「いつでもカエドキプログラム」は端末購入と同時のときだけ申し込めます。ahamo契約者として機種変更するならドコモオンラインショップでしか加入できません。

端末単体購入するならドコモショップで加入できます。

「いつでもカエドキプログラム」と「スマホおかえしプログラム」の違い

「いつでもカエドキプログラム」は、「スマホおかえしプログラム」と同じようなサービスですが、若干の違いはあります。

「いつでもカエドキプログラム」は、「スマホおかえしプログラム」と比べると、ドコモからの還元の割合が高まります。

「スマホおかえしプログラム」では、36回払いのうち24回支払えば12回分の支払いが免除されるというもので、どの機種であっても「還元率は33%」でした。

「いつでもカエドキプログラム」では、機種ごとに残価を設定できるようになりました。