ahamo(アハモ)は5G対応!4Gとの違い

ahamo(アハモ)は、5G対応

ahamo(アハモ)のネットワークはドコモの4Gおよび5Gネットワークが利用できます。

ahamoはドコモの5GエリアとXi(LTE)エリアで利用できますが、端末が対応していても、FOMA(3G)エリアでは利用できません。これは現行の5G向けプランと同じ条件です。

ドコモのエリアマップでは、Xiエリアが全国に行き渡っていますので、FOMAしか使えないエリアはごく一部となります。

ahamoはFOMA単独エリアでは圏外となりますが、FOMAしか使えないエリアが少ないので心配ありません。

ahamo(アハモ)の5Gとは

ahamo(アハモ)の5Gとは、第5世代移動通信システムのことです。

5Gの特徴は、「超高速化」「超多数同時接続」「超低遅延」の3つです。

超高速化による「4Kや8Kといった高解像度の動画配信」「超多数同時接続によるIoTの普及」「超低遅延による自動運転精度の向上」「遠隔治療」ができるように。

IoTとはInternet of Thingsの略です。あらゆるモノをインターネットに繋げることを指します。

今までインターネットに接続していなかったモノを繋げることで、仕事や生活がより便利になります。

ahamo(アハモ)の5Gと4Gの違いは?

携帯電話のネットワークは、約10年ごとに進化し続けています。

2010年ごろから使われるようになったLTE技術が「4G(第4世代)」です。

通信速度が速くなる

「5G(第5世代)」は、4Gよりも高速かつ大容量の通信ができます。

4Gの通信速度は100Mbps~1Gbpsに対して、5Gは最大100Gbpsですので4Gの100倍以上速いです。

これは、4Gなら10秒かかるデータ通信が5Gなら0.1秒未満で済みます。通信速度の向上によりコンテンツの表示やダウンロード時の待つ時間が限りなく少なくなります。

通信速度が向上すると、高画質の動画の視聴もスムーズになります。

同時接続数が増える

通信時の遅延が4Gより少なく、一度に多くの端末が接続が可能です。

5Gでは、同時接続台数が4Gの約10倍に増えますので、4Gよりも多くの端末をネットワークに接続できるようになり、IoTの普及がさらに拡がります。

IoTの普及に伴って、スマホやパソコン以外に、ワイヤレスの通信を利用する機器が増えます。

4G・3Gでは対応できないような同時接続でも、5Gでは接続できます。

遅延が少なくなる

4Gでは10msの遅延がありました。5Gでは1msになっています。通信データ遅延もフル5Gなら4Gの10%程度になります。

遅延が少なくなりますのでリアルタイムにデータを送受信できるようになります。音や画像がズレることが少なくなります。

データ遅延が減ることで、安全性が増します。リアルタイム性が強化されるので、誤差が許されない精巧な作業ほど恩恵を受けます。