LINEMO繰り越し・データシェアプレゼント不可!データ追加で不足をチャージ

LINEMO繰り越し不可(ミニプラン・スマホプラン)

LINEMOでは、月990円(税込)・3GBのミニプランと、月2728円(税込)・20GBのスマホプランは、両方ともデータ容量の繰り越しはできません。

月間3GB・20GBのデータ容量は当月中に使い切らない場合、翌月繰り越しはできず消失します。

LINEモバイルでは、利用プランのデータ容量を使いきれなかった場合、余ったデータ通信量を翌月に繰り越すことができましたが、LINEMOでは不可となります。

ドコモの新プランahamo、auのpovoも同様に繰り越しは不可です。

LINEMOでデータ容量20GBを超過した場合、1GB550円(税込み)から追加で購入できます。欲しいデータ容量だけ1GBずつ追加できるので、20GBでは足りないという月も安心です。

データチャージにより追加購入いただいたデータ容量は、繰り越しの対象外となります。1GBを追加して0.5GBが余った場合、翌月に繰り越しできずに消失します。

余計なデータ追加は行わないようにしましょう。

LINEMO繰り越しがない理由は?

格安SIMでは比較的一般的な繰り越し機能が当たり前のようにありますが、キャリアにはないのが一般的です。

繰り越し機能は、通信量的に月間3GBや月間10GBなど中間層のユーザーには価値のある料金・サービスと言えます。

月10GBのプランで月5GBしか使わなかった場合、5GBが翌月に自動で繰り越されて15GBになります。

しかも繰り越し分が先に消費されるので、翌月の通信量が5GB未満だった場合は10GBがそのまま翌月に繰り越されて20GBになります。

LINEMOの場合、20GBという大容量プランがありますので、繰り越ししなくても不便を感じません。毎月20GBの範囲内でやりくりできる層をターゲットにしています。

LINEMOは20GBで月額2480円(税込み2728円)となっています。これは、他社格安SIMよりも安い料金です。

BIGLOBEモバイルで20GBを契約するなら、月額5,200円(税込5,720円)は掛かります。

格安SIMと比べるとかなり安いので、LINEMOで繰り越しができないのは仕方ないといえます。

LINEMO繰り越しなしでも問題なし

LINEMOで繰り越しを認めた場合、20GBを余らせたら合計翌月40GB使えることになりますが、そこまでの容量が不要な場合は繰り越し自体が必要ありません。

毎月10GBや15GBの容量で間に合っている方は、そもそもデータ容量不足に困らないので繰り越しが不要です。

20GBで足りない場合は、モバイルWi-Fiの代わりにテザリングでノートPCやタブレットを頻繁に使う人や、毎月大量の動画や映画を視聴したり、ダウンロードしたりする人です。

この場合は、ソフトバンクのメリハリ無制限プランを契約することで、月々の通信容量を“無制限”としたプランで、スマートフォンで大容量通信を利用できます。

「テザリング(インターネット共有)」および「データシェア」で利用する場合には、1カ月に合計30GBまで利用可能です。

LINEMOデータプレゼントはある?

LINEモバイルではデータプレゼントというサービスがあり、LINEモバイル利用者同士で、データ通信量を贈り合えました。

プレゼントするデータ通信量は、500MB/1,000MB/1,500MB/2,000MB/2,500MB/から選べました。

LINEMOではデータプレゼントサービスはありませんので、LINEMO同士でデータ容量を分け合うことはできません。

LINEMOデータが毎月大量に余る場合は無駄になる?

一般的にデータが余りそうなのであれば、さらにデータ量が少ないプランを選ぶか、繰り越しが可能な他社プランを検討する必要があります。

しかし、LINEMOはデータ量が多い割に料金が月額2480円(税込み2728円)と安いお得なプランなので、大量のデータが余るのでもないかぎり、無駄な出費にはなりません。

毎月20GBと余裕をもってネットやテザリングを利用できます。データ容量を繰り越しできず余ったら捨てる意味では勿体ないですが、データ容量は多いに越したことはありません。