LINEMOでアップルウォッチセルラーを使う方法!apple watch 単体契約は?

LINEMOはアップルウォッチ非対応

LINEMOでは、アップルウォッチ通信が非対応です。Apple Watch単体での通話や通信ができなくなります。

特にジョギングなどでApple Watchだけを持って外に出る機会が多い人は、LINEMOは向いてないといます。

ソフトバンクでは「Apple Watchモバイル通信サービス」(月額385円税込)がありApple Watch 単体でモバイルデータ通信ができ、電話をかける、メッセージを送る、通知を受け取るなど、iPhone が近くになくても、さまざまなことを Apple Watch 単体でこなせました。

しかし、LINEMOには1つの電話番号を、スマートフォンとアクセサリ端末で共有して、音声通話・データ通信ができるサービスが用意されておりません。

Apple Watch GPS+CellularモデルにてLINEMOを使う場合、iPhoneとのペアリング圏内やWi-Fi環境下でしか通信できません。

GPSモデルとしての利用はできる

LINEMOでは単体での通信はできませんが、Apple Watch自体は使えます。

あくまでも、Apple Watch単体での通信ができないだけです。iPhoneとペアリングすれば、GPSモデルとして利用できます。

Apple Watchだけで外出できませんが、常にiPhoneを持ち歩いているなら問題ありません。

Apple Watch単体で使えなくなる主な機能

Apple Watch(セルラーモデル)は単体での通信に対応しています。

手元にiPhoneがない状態でも、Apple Watchで電話やメールを確認したり、音楽を聞いたり、Apple MusicやSpotifyを楽しんだり、LINEなどの各種通知を確認したりすることができます。

セルラーモデル単体通信を利用するためには現状、大手キャリアと契約しないといけません。LINEMOではApple Watch(セルラーモデル)は単体利用できないので以下の機能が使えなくなります。

  • LTEによるネット通信
  • 単体での通話
  • メッセージ・メールの送受信
  • 通信が必要なアプリ利用
  • ストリーミング音楽の再生

iPhoneが手元にありペアリングしている状態なら可能ですが、Apple Watchだけ持って外出し、iPhoneと同じ機能を利用することはできません。

Apple Watch単体で通信可能はキャリア限定

現在、Apple Watch単体で通信可能にするサービスは、携帯大手3社のみです。

  • ドコモ:ワンナンバーサービス
  • au:ナンバーシェア、ウォッチナンバー
  • ソフトバンク:Apple Watch モバイル通信サービス

ドコモ、ソフトバンクではiPhoneの電話番号をApple Watchと共有するサービスの契約が必要です。

auはiPhoneと共有するか、Apple Watchだけを単独で契約するかを選べます。

「ahamo」「ワイモバイル」「UQ mobile」などのサブブランドでも利用できません。

サブブランドとして、唯一アップルウォッチが使えるのは、「povo」です。

auのウォッチナンバー利用者がiPhoneの回線をpovoに移行した場合は、ウォッチナンバーを継続して利用することが可能です。

povoでウォッチナンバーを利用するには、auで契約中のiPhoneが必須条件です。

povoで契約中のiPhoneではウォッチナンバーに加入することはできないので、au契約中の間にウォッチナンバーに加入しておく必要があります。

povo移行前にウォッチナンバーに加入しておけば、ウォッチナンバーの契約自体はauから引き継がれます。

LINEMOでiPhoneと電話番号を共有するサービスは今後出る?

Apple Watch単体での通話や通信が可能にするには、iPhoneと電話番号を共有するサービスの契約が必要です。

現在は「ワンナンバーサービス」(NTTドコモ)、「ナンバーシェア」(au)、「Apple Watchモバイル通信サービス」(ソフトバンク)といったサービスで、いずれもiPhoneを扱っている大手3社のみが提供しています。

オンライン専用プランではこれらのサービスが出ているところはまだありませんので、LINEMOでも利用できるサービスが登場するのがまだ現実的ではありません。

Apple WatchのセルラーモデルをLINEMOで使う代替方法

Apple WatchのGPSモデルとGPS + セルラーモデルの大きな違いは基本的にLTE通信機能の有無のみです。

LINEMOではセルラーモデル単体での機能は当然使えなくなりますが、iPhoneとBluetoothペアリングする事でこの問題を解決できます。

「Apple WatchからiPhoneを探す」などiPhoneが手元に無い状況でも、Wi-Fi接続を利用して機能を使う事ができます。

この方法は常にiPhoneを持ち歩く必要性はありますが、LINEMOでもApple Watchを使えます。

iPhoneを持ち歩かず、Apple Watchだけで利用する機会が多い人にとっては、LINEMOで料金が安くなる代わりに不便となりますが、LINEMOではiPhoneとBluetooth接続して一緒に持ち歩いて利用するしかないのが現状です。

LINEMOとソフトバンク(Apple Watchモバイル通信サービス)を比較

ソフトバンクのメリハリ無制限とLINEMOのスマホプランを比較します。

 LINEMOソフトバンク
容量20GB無制限
月額料金(税込)2728円
+LINEのトーク/通話ノーカウント
7238円
月間データ使用量
3GB未満は5,588円
Apple Watchモバイル通信サービスなし月額385円
国内かけ放題5分定額:+550円
無制限:+1,650円
5分定額:+550円
無制限:+1,650円
低速時の速度最大1Mbps
通話料金30秒につき22円 30秒につき22円
テザリング料金0円0円
データチャージ料金1GB / 550円
キャリアメール対応非対応
5Gの対応有無対応対応
ソフトバンク・Yモバイル・LINEMO間の乗り換え手数料無料無料
ブランド間以外の乗り換え手数料MNP転出手数料
契約解除料:0円
MNP転出手数料:
3,300円
契約解除料:0円
家族割、ネットの
セット割
2名:550円引き
3名:1,650円引き
4名:2,200円引き
なし

月額料金を比較すると、LINEMOの方が安いです。

データ容量を比較すると、ソフトバンクが月間データ容量無制限、月間データ使用量が3GB未満だと自動的に1,650円値引きされます。

データ容量に関してはソフトバンクの方が有利ですが、20GB以上使わないなら必要ないといえます。

ソフトバンクは家族割やネットのセット割を利用すると、2名で550円引き、3名で1,650円引き、4名で2,200円と人数に応じて割引額が上がりますが、LINEMOでは元々の料金が安いので家族割は必要ないといえます。