ahamo違約金無料!短期解約はブラックリストでどうなる?

ahamoの違約金は無料

ahamoでは2年定額プランがありません。その為、解約金は無料、最低利用期間もありません。

いつ解約しても無料となっております。

新規契約事務手数料やMNP転出手数料、細かい割引条件などを極力なくしたシンプルな料金プランとなっており、2年定期契約や解約金の設定をする予定はありません。

月額料金2700円(税込2970円)
別途ユニバーサルサービス料がかかります
月間利用可能データ容量 20GB
利用可能データ容量超過後速度 送受信時最大1Mbps
音声通話1回あたり5分以内の国内通話無料
「SMS(1通あたり3円)」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)の特番、番号案内、衛星電話などへの発信は対象外
5分をこえる国内通話は20円/30秒
ネットワークドコモの4G/5Gネットワーク
利用可能データ容量の追加 1GBあたり500円(税込み550円)で利用可能データ容量の追加が可能
かけ放題オプション月額1,000円(税入1100円)で国内通話無料

ドコモからahamoへ乗り換え(プラン変更)で違約金はどうなる?

かつての料金プランで存在していた「違約金」(中途解約金、1万450円)は、ahamoへの切り替えても、まだ「2年縛り」の途中であれば留保されます。

そのため更新期間以外に解約すると解約金を支払うことになります。

ただし、ahamo自体に期間拘束はないため、「ahamo」前の契約で残っていた2年縛りの終了時期を迎えた後は、違約金を支払う必要はありません。

ahamo違約金無料でも短期解約に注意

ahamoは初月に解約しても違約金無料ですが半年以内の短期解約をするとブラックリストに入ります。

ahamoでは以下の様な行為をするとブラックリストに入ります。

  • 料金滞納(TCAブラック/TELESAブラック)
  • 端末割賦代金の滞納(信用情報ブラックリスト)
  • 短期解約をするユーザー(キャリアブラック)
  • 不正契約(キャリアブラック)

ブラックリストに入ると以下のようなことが起きてきます。

1.クレジットカードが作れなくなる

ブラックリストに登録されると、クレジットカードが作れなくなります。

クレジットカードを作る際、審査段階で信用情報機関の情報は必ずチェックされます。

信用情報機関に登録されている情報は、「氏名」「生年月日」「住所」「電話番号」「勤務先」など基本的な内容から、「借り入れした金融機関」「契約日」「契約の種類」「返済状況」といった実際の利用状況がわかるデータまで、さまざまです。

こうした審査の過程で、短期解約をするユーザー(キャリアブラック)に入っているかどうかも、厳しくチェックされます。

2.ローンやキャッシングなど新たな借り入れができない

ブラックリストに入るとローンやキャッシングなど一切の借金ができなくなります。

この借り入れというのは、銀行や消費者金融・信販会社だけではなく、自動車ローン・車検ローン・住宅ローン・事業者ローンといったものも含まれます。

まず、新たな借り入れをすることは原則できなくなります。

3.端末セットの分割払いができなくなる

端末の分割払いも一種のローンです。申し込みする際は信用情報登録機関に照会されるので、審査が通りません。

端末は一括で購入するか、SIMのみ契約するしかなくなります。

ブラックリストに入るような人は、利用しない端末を分割で購入しすぐに解約して転売の疑いもかけられます。そのような契約をする人は支払いが滞る可能性が高いと判断されます。

4.賃貸住宅に契約できない場合がある

賃貸物件の入居審査でブラックリストで落ちるケースは少ないですが、賃貸住宅の中には家賃保証会社との契約を義務付けている場合があります。

家賃保証会社とは簡単にいうと、あなたの保証人になってくれる会社です。

借主が何らかの理由で家賃等の支払いを行わないと、大家さんは一方的に損してしまいます。

それでは困ってしまうので、家賃の滞納、支払い拒否等が発生したときに、借主にかわって支払う責任を負ってくれるのが、保証人(連帯保証人)や家賃保証会社という存在です。

この場合、入居審査で信用情報を確認されるので、断られるケースがあります。

5.子供の奨学金の保証人になれない

ブラックリストに入ると、奨学金の保証人になれなくなります。借金の契約をする際は保証人も審査対象になります。

親がブラックリスト状態になっていると、連帯保証人になることができません。そうなると、結局連帯保証人を用意出来ず、奨学金を利用できなくなる可能性があります。

一方の親がブラックリスト状態になっていても、配偶者(もう一方の親)が連帯保証人になることができれば問題は起こりません。

ドコモ違約金はなぜ安くなった?

電気通信事業法改正により、ドコモは解約金の引き下げを行いました。

2019年9月以降の新料金プランは、解約金が9,500円から1,000円まで安くなりました。

電気通信事業法の改正では、携帯電話事業者に対して、端末代金と通信料金を完全に分けれる「分離プラン」が義務化されることになっています。

その中で、2年間の最低利用期間が設けられた契約を途中で解約したときの違約金の上限を9,500円から1,000円以下にすることも義務付けられました。

そのため、ドコモでは2年縛りの違約金が1000円となりました。

ドコモ新プラン旧プランの違約金

ドコモの新プランには「ギガホ」と「ギガライト」があります。

2年定期契約ありの場合、違約金は1,000円
定期契約なしの場合、違約金は無料

新プランでも2019年9月30日までにギガホ・ギガライト(5Gギガホ・5Gギガライトを含む)契約している方が解約する場合は解約金が9,500円かかります。

2019年10月1日以降に新プランのギガホ・ギガライト(5Gギガホ・5Gギガライトを含む)を契約した方のみ解約金1000円となります。

同じギガホやギガライトを契約していても、2019年9月30日までに契約した場合は旧プランとなり、解約金は9500円かかります。

ドコモ新プラン旧プランの更新月の違約金は無料

ドコモの違約金が発生するのは2年縛りの更新月以外での解約の場合です。

更新期間とは、契約満了月の当月、翌月、翌々月の3カ月間を指します。これらの期間内に解約する場合には、新プラン旧プランともに解約金は発生しません。

ドコモ旧プランから新プランに変更した場合の違約金

旧プランから新プランに変更しても、違約金はかかりません。無料で変更手続きでプラン変更が可能です。

この場合、旧プランの更新月までに解約すると解約金が9500円発生します。更新月を過ぎて解約した場合は解約金1000円となります。

新プランに変更した後でも、更新月までに解約すると解約金9,500円かかりますので、更新月以降に解約した方が解約金1000円と安く済みます。

ドコモ更新月を確認する方法

ドコモでは、2年ごとに違約金0円で解約・乗り換えができる更新月を3ヶ月だけ設けています。

この期間を過ぎると2年契約が自動的に更新されます。

2年の定期契約で更新月以外で解約しても違約金が1,000円と安いので、それほど負担になりませんが、「解約は無料でしたい」「旧プランで更新月以降に解約したい」場合などは更新月を調べて解約時期を計画しましょう。

ドコモ更新月の確認方法は「マイドコモ」もしくは「電話」にて確認ができます。

マイドコモ

  • My docomoにアクセス
  • My docomoにアクセス

  • 「dログイン」ボタンをタップ
  • dアカウントのIDを入力して「次へ」をタップ
  • パスワードを入力して「ログイン」をタップ
  • ログインできたら下にスクロールしてご契約内容をタップ
  • 画面が変わったら下にスクロールして全てのご契約内容の確認をタップ
  • 画面が変わったら下にスクロールしてご契約内容 1/3ページの下にある「2」をタップ
  • 料金プランの欄にある契約満了月は〇年〇月です。を確認する

ドコモの携帯電話の場合

電話番号:151
受付時間:午前9時~午後8時、年中無休
※局番なしでかけられます。通話は無料です。
※ドコモの携帯電話以外からはご利用できません。

ドコモの携帯電話以外の場合

電話番号:0120-800-000
受付時間:午前9時~午後8時、年中無休
※携帯電話・PHSからもかけられます。
※一部のIP電話からは接続できない場合があります。

ドコモ違約金は、「2年縛りあり」「2年縛りなし」で違う?

ドコモの違約金は、2年縛りありの場合は更新月以外の解約は違約金1000円かかります。

2年縛りなしの場合は、いつ解約しても違約金無料です。

2年縛りは違約金無料ですが、月額料金が2年縛りありと比較して、月額187円割高となっております。

ただ、「2年縛りあり」「2年縛りなし」の月額料金の差額が月額187円と高くないので、「2年縛りなし」の方が人気があります。

■2019年10月1日からのドコモの新料金プラン

プラン名2年縛りなし2年縛りなし
※dカードお支払割
2年契約
ギガホ(最大6ヶ月間) 5,665円 5,478円
ギガライト~7GB 5,665円 5,478円
ギガライト~5GB 4,565円 4,378円
ギガライト~3GB 3,465円 3,278円
ギガライト~1GB 2,365円 2,178円
ケータイプラン 1,507円 1,320円
データプラス 1,100円
キッズケータイプラン 550円
違約金なしなし 1100円

ahamoに最適なモバイル保険

ahamoのケータイ補償に最適なのは「モバイル保険」です。月額700円で3台まで、端末のさまざまなトラブルに対応する新しい保険です。

モバイル保険の特徴

 
・月額700円で3台まで補償
・SIMフリースマホやiPhoneも補償
・年間で最大10万円の補償
・機種ごとではなく契約者に紐づく保険なので、機種変更しても安心

モバイル保険はこちら