OCNモバイルONE中古スマホ極美品・未使用品・美品の違い

OCNモバイルONE中古スマホとは?

OCNモバイルONEのgoo Simsellerでは、中古スマホを販売しています。androidとiPhoneそれぞれ中古端末があります。

中古スマホの状態は3段階に分かれています。「未使用品」「極美品」「美品」とランク付けされており、状態が良いもの程、価格が高くなっております。

「未使用品」とは、一度箱を開けて動作確認をしているものです。端末は動作確認のためだけに開封しただけだから新品同様です。

「極美品」は、極美品は時間は経っているけど、未使用に近い(使っている割にはきれい)というニュアンスです。

「美品」とは、特に目だった傷みや欠損がなく、良好な状態が保たれています。何をもって美品とするか、その判断基準は曖昧な場合も少なくありません。

OCNモバイルONE中古スマホ「未使用品」の状態は?

OCNモバイルONE中古スマホの「未使用品」とは、データ初期化や動作確認を除く動作を行っていないものです。

スマホの初期設定をして、ネットやアプリや通話などは行っておりません。要は、日常で使っていない検品を行っただけの端末となります。

余計な使い方はしていないので、当然に端末には傷や汚れなどはありません。液晶には出荷時についている画面保護フィルムが貼ってあります。

OCNモバイルONE中古スマホ「極美品」の状態は?

OCNモバイルONE中古スマホの「極美品」が気になるでしょう。

極美品は、未使用ではありません。一度、誰かが使っている端末です。端末を使ってはいるもののディスプレイ、カメラレンズ、本体外装部に確認できる傷や汚れが一切ないものです。

見た目は「未使用品」と見分けがつかないですが、ネットや通話などは使っている点は「未使用品」と差があります。

バッテリーは劣化している可能性があります。

スマホのリチウムイオン電池は、充放電を繰り返すたびに、化学変化によって劣化します。これを「サイクル劣化」と呼びます。

使わなくてもある程度は劣化し、これを「保存劣化」と呼びます。

保存劣化はバッテリーの充電量が100%や逆に0%の状態では進みが速い。さらに高温も大敵です。スマホを使っても使わなくてもバッテリーは劣化しているのです。

OCNモバイルONE中古スマホ「美品」の状態とは?

OCNモバイルONE中古スマホ「美品」とは、端末を使っており傷や汚れがないものをいいます。

美品という言葉の通り、傷や汚れは軽微なものです。傷が目立っりするものは美品の部類には入れません。

「美品」を購入する場合は、許容できる範囲の傷や汚れなど使った形跡が残っていることを覚悟しなければなりません。神経質な方は少しの傷であっても気になってしまうので、「極美品」「未使用品」を選んだ方が良いです。」

OCNモバイルONE中古スマホの品質は問題なし

OCNモバイルONE中古スマホは全て、専用ソフトによる初期設定を行っておりますので、前に使っていた人のデータを復元できないようになっております。

動作確認も行っており、スマホが使えないということがありません。

傷、汚れ、色あせなど見た目の問題についても、独自の品質基準で未使用品、極美品、美品に分類しています。「美品」にも満たないスマホに関しては取り扱いしないようにしています。

OCNモバイルONE中古スマホには保証がある

商品に同梱する納品書等に記載の商品出荷日を起算とした30日間の保証があります。

但し、ネットワーク利用制限対象となり、当該中古端末の通信利用が出来なくなった場合は起算日より2年間の保証があります。

保証対象となる点は以下2点です。

①動作不良がある場合(タッチパネル動作、ディスプレイ視覚、スピーカー動作、各種ボタン動作、イヤホンジャックの反応確認、充電機能の基本動作ができない場合)

②販売元となる通信事業者によるネットワーク利用制限の対象となった場合

保証対象外となる点は以下7点です。

①キズ、破損、色あせ、汚れ及び劣化等、端末の外観状態が理由の場合

②バッテリーの寿命、消耗具合等が理由の場合

③当社にて確認、再現ができない動作不良またはネットワーク利用制限が理由の場合

④初期搭載されていないOSやソフトウェア、アプリケーション等が理由の場合

⑤お客様がご契約されている通信事業者の料金プランや契約内容が理由の場合

⑥商品配送中のトラブル等が理由の場合

⑦お客様のご申告が保障期間を超過している場合

⑧お客様の故意・過失に基づく破損等の不具合