正モバイル株式会社が運営するメディア

「masamobile.co.jp」のドメイン配下にオウンドメディア「正モバイル」を開設しています。

自社ドメインのもとでメディアを運営することで、正モバイルのコーポレートサイトへの新規ユーザーの流入が期待できます。

会社の認知度向上につなげています。

UQモバイル

現在は、格安SIMにahamoが参入してきていることもあり競争が激化しており、2017年~2018年の全盛期からすると契約者数は落ちていますが、それでもブランドとしては今もトップクラスであり、根強い人気を誇ります。

個人的には、もう一段料金の安いプランがあると助かるユーザーが沢山いると思っています。

https://xn--uq-og4aohldqc.jp/

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、電気通信事業法後も1円スマホセールを毎月開催しているのは最大の強みです。毎月の料金の安さに加えて、スマホも1円から購入できるので、コスパの良い格安SIMです。

正モバイルとしては、コスパという観点で一番押したい格安SIMです。料金維持費も最低月額550円(税込)と安く、この上なくユーザーの財布に優しい格安SIMです。

https://masamobile.co.jp/ocnmobileone/

ahamo

ahamoは、今もっとも注目されて、もっとも契約者数の勢いがあるドコモのプランです。

ahamoはキャンペーンを実施したり、しなかったりで、まだ特典面は定まっておりません。乗り換え者にポイント還元を実施しており、とにかく他社からの流れを加速させようという狙いが感じられます。

https://masamobile.co.jp/docomo/

LINEMO

LINEMOは、かつてのLINEモバイルほどの影響力はありませんが、今もなお根強いファンが残っています。

LINEの年齢確認と認証は可能のSIMとして重宝されています。ただ、ahamoとの競争という観点で苦戦はしいられています。

https://masamobile.co.jp/linemo/

povo2.0

povo2.0は月額基本料を0円とし、そこに通信データ容量や音声通話、コンテンツ利用などの有料オプション(KDDIでは「トッピング」と呼ぶ)を必要に応じて追加していきます。

データ容量の選択肢がたくさんあるので自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができるという点において需要があります。

https://masamobile.co.jp/povo/

正モバイル株式会社が発信するSNS一覧

■OCNモバイルONEを専門的に発信

https://twitter.com/ocnmobilemasa

■格安SIM全般を発信

https://twitter.com/masamobilesim

■UQモバイル

https://twitter.com/mobarunq

■正モバイル公式として総合的に発信

https://twitter.com/masamobile

正モバイル株式会社運営イメージキャラクター

blank

blank

blank

blank

blank

blank