LINEMO複数回線5回線まで契約可能?2台目以降の割引は?同一名義の上限数

LINEMOは同一名義で何回線まで申し込みできる?

LINEMOの同一名義でご契約できる回線数は、上限5回線です。同一世帯ではなく同一名義で最大5回線までご利用できます。

同一名義で既に5回線契約していても、同じ住所の家族は契約が可能です。

一度にお申し込みできる回線数は1回線です。解約後も一定期間は、ご利用中の回線として取り扱われますのでご注意ください。

LINEMOで2台持ちの意味はある?

LINEMOは、「ミニプラン」「スマホプラン」と2つの料金プランがあります。

プランミニプランスマホプラン
データ量3GB20GB
月額基本料税抜 900円
税込 990円
税抜 2,480円
税込 2,728円
LINEギガフリー対応対応
データ量超過後の通信速度300kbps1Mbps
eSIM対応対応
5分かけ放題オプション税込550円/月税込550円/月
24時間かけ放題オプション税込1,650円/月税込1,650円/月

どちらも音声通話SIMとなります。データ専用SIMはありません。

1台目は音声通話SIMで、2台目はデータ専用SIMで料金を抑えるということはできません。

そのため、LINEMOを1人で2台持ちする意味はないと言えます。

スマホプラン20GBでは足りない方が、もう1回線スマホプラン契約すると1カ月40GB使えますが、月額2480円(税込み2728円)が2倍で月額5456円(税込)となります。

LINEMO複数回線契約は未成年の契約で役に立つ

LINEMOを契約したい場合、18歳未満の未成年は契約できません。

ただし、親名義での契約はできます。お子さま用としてLINEMOをご契約される場合、契約者を親名義(法定代理人)で入力し、利用者にお子さまの情報をご入力ください。

未成年の子供3人、妻1人の契約者として旦那名義で契約ができます。

家族の代表として旦那が自分以外の家族分4回線を契約することができます。

LINEMOは5回線契約を一気にできる?

LINEMOでは一度にお申し込みできる回線数は1回線ですが、5回線まで契約可能となっており、同じ月に1回線ずつ申し込みして5回線まで申し込むことはできます。

UQモバイルのように3回線申し込みしたら90日経過しないと残り2回線は申し込みできないなどの決まりはありません。

LINEMOでは5回線同時申し込みが可能です。

LINEMO5回線契約で家族割引サービスやデータシェアは?

LINEMOでは複数回線割引サービスやデータシェアは一切ありません。複数回線契約することによるメリットは何もありません。

LINEMOはソフトバンクの「新みんな家族割」のカウント対象にもなりませんので、ソフトバンクを利用している家族割に貢献もできません。

LINEMOではSIM追加しなくても複数端末で使える

複数のスマホでLINEMOのSIMを使いたいとき、1枚のSIMカードを入れ替えて利用することもできます。

その日によって使いたい機種が違う場合など、同時に2つの機種を使わないのであれば複数SIMは不要かもしれません。

例えば、端末のバッテリーが切れた場合、他の端末にLINEMOのSIMカードを入れて使うことができます。

LINEMOは2回線目以降は事務手数料無料?

LINEMOは事務手数料無料となっており、5回線すべて事務手数料無料です。

ワイモバイルやソフトバンクからLINEMOへ乗り換えする際の事務手数料も無料です。

SIM交換/再発行手数料(3000円)も無料としています。

LINEMOはeSIMを利用でき、eSIMのプロファイルを再発行する手数料も無料となるため、手数料なしでeSIMを他のデバイスに切り替えて使えます。

LINEMOから転出する際の契約解除料やMNP転出手数料も無料となっており、安心して利用を始めることができます。

LINEMO短期解約で5回線契約できなくなる?

同一名義で5回線契約できるのは、短期解約をしていない場合です。半年以内の短期解約をすると、LINEMOの新規契約ができなくなります。

短期解約は何カ月が目安になるかは定かではありませんが、半年以上経過して解約しててもブラック入りします。

ソフトバンク、ワイモバイルともに審査共有しているので、ソフトバンク系列の新規契約もできなくなります。