eSIMは複数端末で利用できる?

eSIMプランお申し込み完了後、eUICCプロファイルダウンロード用のQRコードが画面に表示されます。

eUICCプロファイルダウンロード用のQRコードは、一度だけ利用可能で、再ダウンロードは不可です。

eSIMを再ダウンロードする際にはQRコードの再発行が必要になり、再発行手数料がかかります。

他の端末でeSIMを使いたいからとQRコードを再発行すると、以前にダウンロードしたeUICCプロファイルは無効になります。

この端末で再度eSIMを利用するためには、無効になったeUICCプロファイルを削除し、新しいeUICCプロファイルをダウンロードする必要があります。この際にも再発行手数料が必要になります。

つまり、eSIMは1つの端末で利用する分しかQRコードが発行されない為、複数端末で同時利用はできません。

今使っている端末とは別の端末でeSIMを利用する場合は、QRコードを再発行することになります。この際、再発行手数料がかかります。

また、別の端末でeSIMを使い始めたら、今まで使っていた端末でeSIMは使えなくなります。今まで使っていた端末でeSIMを利用したい場合は、またQRコードを再発行することになります。

一つの端末にeSIMを複数登録できる?

1つの端末に複数のeSIMを登録することはできます。しかし、一度に利用できるのは1つのeSIMのみです。

複数のeSIMを1つの端末で同時使用はできません。1つのeSIMしか使えませんが、1つの端末で他社のeSIMに切り替えはできます。

SIMカードという物体では、端末に差し込めるSIMカードの数に限りがありましたが、eSIMはデータだけで管理しているので、eSIMは入れ替えも簡単に行えます。

切り替えの際、物理SIMの場合はSIMピンで端末からSIMトレイを引き出し、正しい向きでSIMを置いて入れ替える必要はありましたが、eSIMの場合は端末の設定から簡単に切り替えることができます。

他社のeSIMに切り替えるには、「モバイル通信」または「モバイルデータ通信」をタップし、使いたいプランをタップして、「この回線をオンにする」をタップします。

1つの端末にeSIMを複数登録するメリットは、電波が悪い時に、「ドコモ回線」から「au回線」という風にキャリアを切り替えることができるメリットがあります。

eSIMとeSIMでデュアルSIMにできる?

「デュアルSIM」というのは、2つの携帯電話回線を1台のスマホで同時に扱う機能のことです。

2つの携帯電話回線を1台のスマホに登録して、2つの電話番号を使い分けたり、データプランを選んで使ったりすることができます。

eSIMの場合は同時に使えるeSIMは1回線までです。eSIMとeSIMでデュアルSIMにするといったことはできません。

あくまで、端末に内蔵されるeSIMに対して、適用するキャリアのプロファイルを選択できるだけです。

1つの端末で物理SIMとeSIMの同時使用はできる?

1つの端末で、物理SIMとeSIMの同時使用はできません。

例えば、1つの端末にUQモバイルの物理SIMを挿入して、IIJmioのeSIMを登録することはできます。1つ端末で、UQモバイルとIIJmioを同時接続はできませんので、「モバイルデータ通信」でどちらかのプランを1つ選択することになります。

普段のデータ通信はUQモバイルを有効にしているが、IIJmioに切り替えて使うことはできます。