donedoneテザリング利用可能

donedoneは、「カスタムUプラン」「ベーシックUプラン」「エントリープラン」すべて データ通信は、テザリングに対応しています。

申込み不要、無料で使えます。

テザリングとは、スマートフォンをアクセスポイントとして他の機器をインターネットに接続させられる機能です。

donedoneのSIMを入れたスマートフォンでテザリングをするために、何か申込みなどの手続きをする必要はありません。

スマートフォンにテザリング機能があれば、すぐに利用を開始できます。

50GB以内なら容量制限なし

donedoneは毎月50GBが上限のプランなので、基本的にテザリングで使えるのも50GBとなることにご注意ください。

「カスタムUプラン」「ベーシックUプラン」は50GBを超えても利用できますが、速度制限がかかります。

「ベーシックUプラン」は最大3Mbpsの速度で50GBの通信をすることが可能なプランです。

50GBを超えると1Mbpsに速度が落ちます。

「カスタムUプラン」では、動画・SNS・ゲームなどの対象アプリの中から3アプリまで速度制限なく利用可能です。対象以外のアプリは最大1Mbpsで利用可能です。

SIMベーシックUカスタムU
基本料金2728円2728円
光回線セット割2280円
2280円
通信速度(上限)3Mbps対象アプリは速度制限なし
そのほかは1Mbps
データ通信量50GB50GB
50GB超過時速度最大1Mbps最大1Mbps
音声通話22円/30秒22円/30秒
国際ローミング〇(音声通話)〇(音声通話)
テザリング
事務手数料3300円3300円
ネットワーク4G LTE/5G(対応予定)4G LTE/5G(対応予定)
eSIM対応予定対応予定
SMS国内:3.3円/70文字国内:3.3円/70文字

「エントリープラン」の最大128kbpsで50GBまで利用可能となっております。

SIMエントリー
基本料金0円
光回線セット割
通信速度(上限)128kbps
データ通信量50GB
50GB超過時速度最大1Mbps
音声通話
国際ローミング
テザリング
事務手数料3300円
ネットワーク4G LTE/5G(対応予定)
eSIM対応予定
SMS

donedoneでテザリングするなら対応端末を確認する

使用する端末によってはdonedoneで動作確認済みでもテザリングは利用できない場合があります。

対応端末で「テザリング」表示があれば利用可能です。

スマホがテザリングに対応していてもdonedoneの動作確認が取れていない場合は使えないので注意してください。

対応端末

発売日が古い機種は「通話」「通信」が利用できても、テザリングができないことがあります。

donedoneテザリング最適なプランは?

テザリングを使用すると、スマートフォンのデータ通信量を消費します。そのため、大容量プランが向いています。

donedoneでは、「カスタムUプラン」「ベーシックUプラン」「エントリープラン」ともに月間50GB使えます。

この中で、テザリングに向いているのは、「ベーシックUプラン」です。このプランでは最大3Mbpsの速度で50GBの通信をすることが可能です。

「カスタムUプラン」は動画・SNS・ゲームなどの対象以外のアプリは最大1Mbpsで利用可能で速度が「ベーシックUプラン」より遅くなります。

対応アプリ以外は1Mbpsの速度でも良いなら「カスタムUプラン」でも良いでしょう。

「エントリープラン」の最大128kbpsまでしか速度が出ないので遅くなりテザリングに向きません。

ただ、他社格安SIMは、最大150Mbpsの高速通信ができますので、それと比較するとdonedoneは高速でも3Mbpsしか出ないので非常に遅いことが分かります。

大容量で安く利用できる点は良いですが、速度面は圧倒的に不利なので、速度を求めるならdonedone自体がテザリングに向きません。

donedoneでテザリングするならUSBがおすすめ

スマホをタブレットやPCにつなげて通信を行うテザリングも、1Mbps~3Mbpsだからといってできないということはありません。

テザリングする際はBluetooth接続だとさらに速度が遅くなってしまうので、WiFi接続か、できればUSB接続するのが望ましいです。

Bluetooth接続はWi-Fiテザリングの10分の1程度になることもあります。いくらスマホ側の通信速度が速くても、Bluetoothがボトルネックになってしまうため、速度は落ちてしまいます。

遅い通信速度ではWebページの閲覧はページの表示速度が遅くなるのでイライラしてしまいます。YouTube動画の閲覧もブツブツと途切れてしまいます。

ただし、タブレットなどで動画や画像を見る場合、スマホより画面が大きい分低画質なり粗さが目立ちます。

高画質を求めるとなると1Mbps~3Mbpsでは速度が足りない欠点はあります。

子機との
接続方法
接続形態 バッテリー消費通信速度電波の範囲
Wi-Fi無線多い速い広い
Bluetooth無線少ない遅い狭め
USB有線少ない最速ケーブルの
範囲内